働くママのウェブマガジン

Papa​パパの子育てを応援するコラム&トピックス

あなたと2人で銭湯に行った日【連載・室木おすしの「娘へ。」】

2018.12.24

この連載は……

イラストレーターで、3歳と1歳の双子の女の子のパパ、室木おすしさんによる育児イラストエッセイ。

娘が将来結婚などして(しなくても)離れていってしまうことが今から心配で、0歳のころから、娘とのあれこれを結婚式で思い出そう!と「娘素材集」を頭の中にコツコツと作っている、という室木さん。

この連載では、よりすぐりの素材をチョイス。

室木さんが娘の結婚式でスピーチとして娘に読んでいるような体でお送りします!

001-illust-01

銭湯へ行った日

 

180606-001

娘へ。

もうすっかり大人になったあなたが、今日このようにキレイなドレスを着てそこへ立っていることは、今から十数年昔にはとてもじゃないけれど信じられませんでした。
成長というものは出会いと別れの連続で、言葉が喋れるようになったあなたを祝福する影に言葉を喋れなかったあなたとのお別れが必ずあります。
今あなたを見るとその後ろに、たくさんのあなたが私に手を振っているように思えてなりません。

私と一緒にお風呂に入っていた頃のあなたも、ほら、そこにいて、あの頃のよく見せてくれた、ハッと驚くような好奇心旺盛な表情で私に「見て~お嫁さんかわいい~」と言って手を振っているように、私には見えるんです。

あなたと二人で行った銭湯。
一緒にお風呂に入ることすら長い人生においてほんのわずかに限られている女の子子育てで、思い出せば心を全て満たすような貴重な思い出です。

日曜日でした。家には壊れた風呂を直す業者が昼からずっと作業していて、家にいるのに妙に気を使って休まらない時間の中、私とあなたは二人で抜け出しました。
時間は17時くらいだったと思います。秋空はまだ明るくほんのり涼しく、いつも歩いているはずの銭湯までの道のりが、まるで今からこれが思い出になることを暗示しているような特別な景色に見えたものです。

帰りにはもしかしたら眠くなってしまうのではないかと思って持っていったベビーカーを押しながら、その横をあなたはよくおしゃべりしながら歩いていました。

1801221-01

私が
「今から行くお風呂にはお魚がいるよ」と言えば、
あなたは
「おさかな!?」
と目を見開いて、
私が
「お風呂から出たらおいちいもの飲もうか…!」と誘えば
あなたは
「えー!?」
と肩をすくめたように嬉しさを噛み締めました。

とてつもなく貴重な時間を過ごしていることが手に取るようにわかる。そんな道のり。どういうわけか道行く人も全員幸せそうに見えました。

銭湯でのあなたは、人見知りを発揮してコソコソと私の近くでいろんなものを窺いながら、私の言うとおりに体を洗いながらも、蛇口から出るお湯の勢いが良すぎることにハマり、なんども「ジャー!」と流しては楽しそうにしていましたね。
湯船に浸かっている時、おじいさんに話しかけられあなたは完全に固まってしまい、浴槽の脇にある水槽を見ることもままならなかったけれど、お風呂から出たときは楽しかったと言ってくれました。

お待ちかねのおいちいものとして買ってあげたフルーツジュースを両手でごくごくと飲んで、時間にして30分ほどの事だったかもしれないけれど、私たちは満喫して銭湯をあとにしました。

風呂から出るともうあたりは暗く、月がぽんと出ていて、きっと寝てしまうだろうとベビーカーに乗せたあなたは、結局全然寝ないで、たぶんそれは普段なかなか味わえない夜道と夜空に、とっても感動していたんじゃないかなと思います。
ベビーカーを押す私からはその表情が見えなかったけど、きっとそうだと思うんです。

だって私がとっても感動していたのだから。

幸せをありがとう。
これからあなた本人がもっともっと幸せになってください。

結婚おめでとう。

1801221-02

【続く】
________________________________________

心の披露宴は心の雅叙園の中、料理の説明に出てきた料理長がふっくっらと太っていたら、なぜか料理の魅力がさらに増す気がするなぁなどと思いながら、
まだまだつづく。

001-illust-05プロフィール

室木おすし

イラストレーター、漫画家。長女と双子の次女・三女の父。
悲しみゴリラ川柳家元。オモコロネットラジオ「ありっちゃありアワー」パーソナリティ。
雑誌やWEBで記事や漫画の執筆をしたり、広告でイラストやGIF動画を作成したりと日々あくせく。
夜泣きのひどい次女の抱っこには定評があり、2018年には生春巻きが好きだという自分の側面にはたと気づいた。

「娘へ。」連載一覧