働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

15人分の晩ごはんは、こうやって作ります【コレクティブハウスで子育て・3】

2019.03.02

この連載は……

コレクティブハウスに暮らすライターで小2男子のママ、吉田ひとみさんが、コレクティブな子育てについて綴ります。


第三回 コモンミールはこうやって作ります

コレクティブハウスに暮らしてありがたいと思うことの筆頭に、誰かが作ってくれる晩ごはん「コモンミール(ミール)」があります、ということを第一回目にご紹介しました。いま私が住んでいるハウスには、大人が12名住んでいるので、それぞれが1回ずつ作ると月に12回ミールが開催されることになります。そのうちの1回は自分。月に1回は、私もミールを作ります。

ミール当番は月に1回、その日に申し込みがある人数によるのですが、大人と子ども合わせて10人~15人分くらいの食事を作ります。

コモンミールの話を友人にすると「晩ごはんを誰かに作ってもらえるなんてうらやましい!!」という感想とともに、たいていは「でも、自分も作るんでしょ? 10人分なんて作ったことないし、家族以外に食べさせるなんて自信がない……」というコメントが。そうですよね、私も最初はそう思いました。いまも正直、15人分なんて楽勝!とまでは思えません。でも、月に1度の当番を頑張れば、あとの11回は食べる側になれる……、しかも家族の分も作らなくていい、と考えるとやっぱりメリットのほうがだんぜん大きい、と思えます。

ということで今回は、私のある日のミール当日のようすをご紹介します。

1、予算決め

その日に申し込んでいる人数を確認します。ミールは事前申し込み制なので、住んでいる人全員分を作る、というわけではありません。人数が確定すると、その日の予算が決まります。大人ひとり425円、子どもを200円で計算、その日に食材に使える予算を出します。

2、買い出し

本日のメニューはひき肉とマッシュポテトの重ね焼きと、ほうれん草としめじのソテー、大根とにんじんのスープにしました。メニューは事前に告知しているかたもいますし、お店で食材を見ながら決める、というかたもいます。毎回同じものを作る、と決めているかたも。

お肉屋さんでひき肉を購入。合いびき肉にしたかったのですが、牛肉を使うと予算オーバーになるので、豚肉かなり多めの合いびき肉です。あとは、スーパーで野菜をひととおり。お買い物ゲームのように店頭で電卓をたたくこともあります。買い出しで大変なのは、荷物が重くなること。私は自転車で各店を回りますが、徒歩の買い出しをする方は大変です。

写真-2018-10-27-14-03-24_r
本日の食材を並べてみました。根菜類は重いので、自転車があってよかった!

3、下ごしらえ

あなどれないのが下ごしらえの時間。家庭で家族3人分を作るときはそんなに気になりませんが、10人越えともなると、食材によって下ごしらえの時間がぜんぜん違います。野菜の皮をむいたり、刻んだりしているとあっという間に30分、なんてこともざら。ジャガイモ、サトイモの皮むきは特につらいですね。時間に余裕のない日は、「下ごしらえが簡単かどうか」がメニュー決めのポイントになります。

写真-2018-10-27-14-17-13_r
ジャガイモは皮のまま柔らかくなるまでゆでると、むくのがラクということを知ったので、マッシュポテトはそんなに苦ではなくなりました。

4、調理

写真-2018-10-27-17-15-07_r

野菜のスープ。大きな鍋を使います。

写真-2018-10-27-16-29-09_r

トレーに炒めたひき肉とマッシュポテトを重ね、業務用オーブンで焼きます。最初は、業務用オーブンなんて使いこなせない!と思いましたが使い方は意外と簡単。このオーブンがあってこそ、10人超えの調理がこなせるんだと思います。

写真-2018-10-27-16-53-55_r

焼きあがりました。これを各自のお皿に盛り付けるのですが、意外とこの工程にも時間がかかります。

だいたい18時に完成。そのころから少しずつコモンに人が集まってきます。

写真-2018-10-27-17-48-57_r

本日のミールが並びました。手前が子ども用のお皿。基本は大人の半分の量ですが、ひき肉料理は子どもにも人気なのでこの日はちょっと多めにサービス♪ 

写真-2018-10-27-18-20-16_r

一人分はこんな感じです。ぎりぎり予算内でできました!

写真-2018-10-27-18-29-31_r

大きなテーブルを囲んで大人も子どもも一緒に食事。でも、みんな揃っていただきます! というわけではなく、食べたい時間に来て、一緒に食べてもいいし部屋に持ち帰って食べてもOKです。

6、片付け

食器の片づけは、ほかの人に当番をお願いすることもできます。食洗器があるので、お皿をふいて片付け。シンクやコンロ周りや床を掃除してごみを捨てて完了です。

調理にだいたい3時間、片づけに30分、というところでしょうか。一気に片づけまで担当すると、へとへとになりますが、「おいしかった」「ごちそうさま」の声を聞くと嬉しくなって、来月は何にしようかな……なんて考えてしまいます。

メニューは、買ってきたお惣菜でもいい

ところで、コモンミール当番の12人には、夫も含まれます。コレクティブハウスでは、何か仕組みを考えるときに、「世帯」ではなく「大人ひとり」の単位で考えるので、コモンミールの場合も、夫も妻もそれぞれが「大人ひとり」として参加します。

我が家の場合は、もとから夫も料理をしていたのでそのことがハードルになることはありませんでしたが、仮に夫がぜんぜん料理したことない、とか、仕事が忙しくて料理する時間が取れない、といった事情があったとしても、それを妻がカバーする、という発想はありません。どうしたら料理が苦手な人でも忙しい人でもミールが作れるか、についてみんなで考えます。だから、ミールについては、凝った料理を用意する必要はまったくなく、簡単なカレーでもいい、冷凍食品を使ってもいい、予算内であれば、買ってきたお惣菜を出してもいい、ということにしています。簡単なものであっても、家族の晩ごはんのこと考えなくていい、というだけで私にとっては十分にありがたいことです。

とはいえ、ミール当番に入ると、つい自宅で作る料理より張り切ってしまうのが実情で……。そしてみなさんのミールも、実際には質・量充実なメニューが多くて、ついつい食べ過ぎてしまう、というのが悩ましいところです。

吉田ひとみ
ライター。コレクティブハウス入居のきっかけは、夫に「面白そうだよ」と誘われたこと。ちょっと面倒くさいかも、自分には合わないかも……、と思っていたものの、気づけば入居12年目に突入。途中、息子も生まれました。いまではここの暮らしなしでは生活がまわりません。よく作るミールのメニューは「シンガポールチキンライス」。
※この記事に登場する人物の名前はすべて仮名です。

この連載を読む

誰かがウチの晩ごはんを作ってくれる!? 「コモンミール」のある暮らし
きょうだいとも友だちとも違う、子どもたちの関係性