働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

鼻がかめない子どものやっかいな鼻水は、こうやって取る!

2019.01.11

鼻水・鼻づまりがヒドイ! そんなときどうする!?

やっかい度はナンバーワンかも!?

鼻はいろんな病気の入り口。放っておくと耳などのトラブルにもつながるので気をつけて!

やっかいな鼻水は、コレでスッキリ取る!

肌の弱い赤ちゃんは柔らかティッシュがマスト。吸い取り器は電動対応も登場しているのでチェックしてみて!

流れてくる鼻水 

柔らかいティッシュでこまめにそっと拭く

hana7

肌ざわりのいいティッシュでそっと押さえるよう拭き取ります。強くこすって肌を傷つけないで。不衛生なのでタオルで拭くのはNG。

拭いた後は保湿クリーム 

hana6

かぶれやすい鼻の下に保湿クリームを塗って保護。痛くなると鼻水を取るのを嫌がるようになるので、ケアはしっかりと。

手前にたまった鼻水

 

手軽な吸い取り機で少しづつやさしく吸引

hana8
hana12

吸い取り器は薬局などで購入可能。丸い先端を鼻の穴にぴったりつけて、少しずつ吸い取ります。頻繁に吸っても鼻は傷つきません。

【先輩ママに聞く!】電動式を使っています

hana4

耳鼻科で勧められた電動式『メルシーポット』を使用。奥の鼻水も取れるので病院通いがなくなりました。( 9か月、3歳男児のママ)

奥につまった鼻水や固まり 

お風呂やホットタオルで湿気を与える

hana9
hana11

鼻のなかは本来湿った状態。湿気をたっぷり与えると奥につまった固まりもふやけて取りやすくなります。お風呂がベスト。ホットタオルを鼻に当てたり、美顔器のスチームを利用するのもおすすめ。その後、ベビー用の綿棒で鼻の入り口をぬぐって取り出してあげて。

【先輩ママに聞く!】 鼻づまりの夜は塗る風邪薬を。

hana5

耳鼻科の薬を飲んでいても、鼻水で息苦しそうなときは、就寝前にヴイックス ヴェポラッブを塗布。鼻がつまって夜中に起きたら、追加で胸に塗ると落ち着きます。(4歳女児のママ)

[ 教えてくれた人 ]小児科医 草川 功(くさかわ いさお)先生
聖路加国際病院小児科医長として外来、定期健診、予防接種など担当。保育園の園医も務める。
※このページは書籍『子どもの病気SOS』(小社刊)から抜粋・再編集しました。
※この記事は2017年11月30日に掲載されたものです。

こちらも読んでね!
インフルエンザは冬、ヘルパンギーナは夏。子どもの感染症がはやる時期一覧
RSウイルスにアデノウイルス……。ウイルスって昔より増えた?
生後半年までは病気にかかりにくい、医者に行くことは少ないって本当?
「内科・小児科」と「小児科・内科」って、同じようなもの?
何度もかぜをひきながら、子どもの体は強くなるって本当?
子どもの病気といえば、感染症?

子どもの病気特集一覧を見る

イラスト〇nanako 編集・文〇石毛幸子
(Hanakoママ57号より)