働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

子どもと一緒に手作りお味噌。たった40分で仕込みが完成!

2019.01.31

子どもと一緒に手作りしたお味噌を使って毎日お味噌汁を作っています……なんて素敵ですよね。
自分で最初から安全に作ったものならば安心して食べることができ、子どもと一緒に作業できれば食育にもなるなど手作りは良いことがいっぱい!……なのはわかっているのですが。

“手作りお味噌”と聞いてまず思いつくのは「すごく手間がかかりそう」「素人が上手にできる?」「やっぱり買った方が早いかも」と高い壁ばかり。
憧れはあるものの、なかなか手を出すことができずにいました。

しかし、今回“仕込み時間はたった40分”“誰でも簡単にオーガニックのお味噌を手作り”できると聞き、それならばと体験会に参加してきました。
果たして手作りお味噌はできるのでしょうか。

たった40分で完成!

IMGP8533-2

今回参加したのは、食品宅配を展開するOisix(オイシックス)から2019年1月24日(木)予約開始された「手作り味噌Kit Oisix」の試食・体験会です。

昨年、販売開始直後に完売したという人気のキットは、約2キロ分の味噌を仕込むことが可能。
仕込みの味噌樽、国産有機煮大豆、有機米こうじ、食塩という、お味噌作りに必要な材料が全てそろって届けられるので、手元に来たらすぐ作業に取りかかれます。

大豆を湯煎&こうじをほぐす

IMGP8536-2

樽を消毒していよいよお味噌作りスタートです!

すでに蒸した状態で届けられる有機大豆は、袋ごとお鍋で湯煎するだけでOK。
実際にお味噌作りのワークショップに参加したことがある方に聞くと、この大豆を煮たり蒸したりする工程がとても大変だったそうなので、煮大豆を使うのはかなりの時短です。

大豆を湯煎しているあいだに、こうじをほぐします。
ここは、小さな子どもも一緒に参加してもらえそう!
封を切ったときのこうじの香りや手触りなどもぜひ体感して欲しいですね。

こうじと塩を合わせる

IMGP8538-2

次にこうじと塩を合わせます。

大豆をつぶす

IMGP8545-2

袋のまま、湯煎した煮大豆をつぶしていきます。
めん棒を使ったり、体験会ではテーブルの上でギュウギュウと手で押したり、椅子に置いた煮大豆をひざで押したりしてつぶしました。

子どもと一緒におこなうときは、袋を何枚か重ねてやぶれないように注意し、子どもに踏んでもらうのもおススメだそう。
お味噌は大豆からできている!ということを全身で感じることができそうです。

大豆と塩&こうじを混ぜる

IMGP8558-3

大豆の粒がだいたいつぶれたところで、先に混ぜておいた塩とこうじを混ぜます。

IMGP8573-2

簡単な作業が多い中でも、このあたりの作業が一番手間がかかったように思います。
全体がよく混ざるように、底からすくいあげるように混ぜていきます。

IMGP8576-2

ある程度混ざったら、また子どもに手伝ってもらうのも良いかもしれません。
最初の手触りとの違いや手に付いた塩やこうじの味見など、五感を使って作っていきます。

こぶし大に丸める

IMGP8579-2

そして、樽に詰める作業のために、こうじとよく混ざった大豆をこぶし大に丸めていきます。

IMGP8581-2

この作業も、きっと子どもたちは好きだろうなと思いながら自分でも楽しんでいました。

IMGP8586-3

仕込む前の樽には、カビ予防のため塩をふります。

樽に敷き詰める

IMGP8587-2

全ての大豆を丸めたら樽に入れて……

IMGP8588-2

押し付けるように、樽に敷き詰めていきます。

コツはすき間なく、空気を抜くようにぎっちりと詰めていくこと。
カビを防ぐための作業です。

IMGP8604-2

しっかりとすき間なく詰めたら、樽のふちに沿うように塩をまぶして……

完成!

IMGP8606-2

フタをするように表面にピッタリとラップをして、またまたカビ防止のため、容器の淵や周りに付いたお味噌を清潔なペーパーで拭き取り、完成!

キットだからというのもありますが、工程も少なく、簡単にあっという間に仕込んでしまいました。

IMGP8615-2

こちらは半年~1年たったお味噌の写真。

完成までの間、味噌樽は涼しくて風通しの良い蔵や土間に置くのがベスト。
蔵や土間がない場合は、暑い夏を越えたり湿気の多い時期を乗り切るために、流しの下や玄関などに置いておくのが良いようです。

寝かせる日数により味わいが調整できるそうで、仕込みから1年ほどを経るとこんなに良い色のオリジナル味噌が完成します。

食育や社会の勉強にも

今回の体験会の中で「大豆の自給率はどのくらいだと思いますか?」「お味噌作りは、この地域が雪深い冬の間にできることとして始めました」と、先生がお話されました。
これは、ちょうど小学生の息子が社会で教わっている内容そのまま。
食育はもちろん、社会の勉強にもなり美味しいお味噌を作ることができて、憧れのお味噌作りは良いことづくめでした。

仕込みは40分と時短でできますが、ゆっくりと時間をかけて発酵する手作り味噌。
出来上がりの頃がとても楽しみです!

【手作り味噌 Kit Oisix】
公式サイト:https://www.oisix.com/
予約期間2019年1月24日(木)10:00~2月7日(木)9:59
販売期間2019年2月7日(木)10:00~2月26日(木)9:59
※数量限定のため、売り切れ次第販売終了。