働くママのウェブマガジン

Kids最新の子ども情報をピックアップ!

子供の「ダメな部分」を、その子の「個性」に開花させるには?【ジョビィキッズ「わが子のやる気の育て方」・13】

2019.02.06

芦田愛菜ちゃん、鈴木梨央ちゃん、寺田心くん所属
No.1子役タレント事務所 ジョビィキッズの子育てメソッドを公開!

芦田愛菜ちゃん、鈴木梨央ちゃん、寺田心くんをはじめとする子役タレントをドラマ・映画・CMなどに続々と送り出している子役タレント事務所・ジョビィキッズ。

子どもたちの“やる気”、“自信”、“素直な心”、“折れない心”、“個性”を育てるためのジョビィキッズの子育てメソッドを集めた書籍『わが子のやる気の育て方』が話題です。

Hanakoママウェブでは、この書籍の一部をウェブで公開することになりました。子育ての悩みを解決するヒントが見つかるかもしれません。


(書籍『わが子のやる気の育て方』 第五章より)

子供の「ダメな部分」を愛しましょう。

Close up of the adorable boy and girl

神は我々を人間にするために、何らかの欠点を与える。

こう記したのは、かのシェークスピア。そう、大人も子供も同じように“欠点”を持っているものです。この誰もが抱える欠点、コンプレックスこそが、その人らしさをかたちづくる個性への架け橋。自らを成長に導く要因だと感じています。
 
ところが、世の親御さんの多くは、わが子の欠点をとても気にして、“ダメな部分”と捉えてしまいがちです。マイペース、落ち着きがない、おしゃべり、引っ込み思案、頑固、甘えん坊、飽きっぽい、片づけができない、などなど……。
 
何をやるのにも時間のかかるうちの子はダメ。うるさくてやんちゃなうちの子はダメ、などと親の固定観念から、子供を叱りつけたりするのです。この視点を変えてみませんか。
 
レッスン場をピョンピョン走りまわる、おしゃまなやんちゃさん。それが10年前の芦田愛菜でした。おしゃべりが大好きでところ構わずしゃべり続けていた寺田心。いつもお母さんの後ろに隠れていた引っ込み思案の鈴木梨央。三人三様の“やっかいな個性”は、今キラキラと輝きを増しています。“やっかいな個性”を“ダメな部分”や“欠点”と捉えてしまっては、もうそれで終わり。とても残念なことです。

落ち着きがないのは、好奇心旺盛で元気な証拠。おしゃべりが大好きなのは、驚くほどのボキャブラリーと、自分をアピールする力を持っているから。引っ込み思案の子には、周りをじっと観察する力が秘められています。頑固な子の裏には、わけのわからないまま人の言いなりにはなりたくないという、自立心の表れが見え隠れします。自分が納得するまで、じっくりと時間をかけて、一枚の絵を描きあげる子。こうしたマイペースも大いに歓迎です。

これまで子供の欠点と思っていた“ダメな部分”を愛してください。とても大切な子供の可能性なのですから。そして、折にふれ、子供をほめてあげましょう。
 
本来、親御さんはわが子の長所をいっぱい知らなくてはいけないのです。でも、子供たちに聞いてみると、「お母さんにほめてもらったことはあまりない」という子がとても多いのです。
 
どうぞ、子供の気持ちに寄り添い、良いところは、少し大げさかなと思うほどほめてあげてください。「しっかり頑張っているね」と認めたうえで、「こうしたらもっと良くなる」と的確にアドバイスをしてあげましょう。親御さんの励ましの言葉で、子供のやる気はぐっとパワーアップするのです。

それと同時に、一生懸命やらないこと、人のせいにすること、人に迷惑をかけること。この3点だけは、「絶対にしてはいけないこと」として徹底させなければいけません。これらは、社会で生きていくうえでの大切なルールなのですから。
 
ダメなことは、ダメなこと。この当たり前のことを理屈抜きに子供の心に叩き込む。そのうえで、子供たちそれぞれの“やっかいな個性”を開花させてあげたい。レッスンに夢中になっている子供たちの一途な姿に、私たちはいつも、この想いを強く抱いています。
 
子供たちそれぞれに百人百様の輝きがあるのですから。


わが子表1)オビ有

『わが子のやる気の育て方』
ジョビィキッズ 著
マガジンハウス
定価:1,296円 (税込)
https://magazineworld.jp/books/paper/2952/

この連載一覧を見る

photo by Adobe Stock