働くママのウェブマガジン

Papa​パパの子育てを応援するコラム&トピックス

【戦隊ヒーローインタビュー】ママたちに疲れを癒して欲しい。ジオウの常磐ソウゴ役、奥野壮さん

2019.02.26

戦隊ヒーローインタビュー

戦隊番組で活躍する、イケメンヒーローの素顔に迫る新連載。

第3回に引き続き、平成最後のライダー『仮面ライダージオウ』の主演・常磐ソウゴ役で、子どもたちから大人気の奥野壮さんにインタビュー。

芸能界デビューのきっかけやプライベートのことなど、奥野さんの素顔にせまりました!

Vol.4
仮面ライダージオウ
常磐ソウゴ役
奥野壮さん(後編)

バレエダンサーから仮面ライダーに! 華麗なるシフトチェンジ

X9A3291

――この仕事を始めたきっかけを教えてください。

「クラシックバレエを3歳から11年間やっていたんです。プロのバレエダンサーを目指していたけれど、バレエをやめることになって、なにがしたいかわからなくなっていたときに、父親に相談したんです。そのときに、『人の前に立って、なにか表現することは好きだと思う』と話していたら、『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』のオーディションを提案されて、受けました。初めてのオーディションでファイナリストになって、賞もいただいて、今の事務所に所属することに。それが芸能活動をするきっかけです。もともと芸能界にも興味はあったので、人前で表現をするお仕事がとても楽しくて、この世界が自分に合っているなと思います」

――現在撮影中の『仮面ライダージオウ』は初めての出演作品。戦隊もののヒーロー役、やりたいと思っていましたか?

「やっぱり憧れはありましたね。小さい頃、僕もお兄ちゃんの影響でいっしょに観たり、おもちゃを買ってもらったりしていましたから。好きなライダーは『仮面ライダーキバ』。単純に、ライダースーツがカッコよかったから。子どもが一度は憧れる存在だから、自分もやれるなら、子どもたちにカッコイイって言ってもらいたいなと思ってました。ただ、3歳くらいからクラシックバレエをやっていたので、実は、『プリキュア』も好きだったんです。女のコが好きなキラキラしたものにも憧れていました」

――仮面ライダーを演じてきて、まわりの反応は変わりましたか?

「声をかけてくださる方はやっぱり多くなりました。全国に放送されているので、親族も『観てるよ〜』と連絡をくれるのでうれしいです。なにより子どもの目がすごく変わったと感じます。悪いことはできないな〜って。もちろんやらないですけど(笑)」

X9A3606

――撮影で忙しく、お休みがなかなかないと思いますが…。時間ができたらどんなことをしたいですか?

「今は映画観賞がしたいです。もともと、映画もテレビもあまり観なかったんですけど、この仕事を始めてよく観るようになりました。今では大好きになってます。好きなジャンルをあげるなら…人間の泥くささが描かれているヒューマン系ですね。作品であげると、『万引き家族』や『凶悪』、『友罪』とか。暗い感じの作品になっちゃいますが。単純にいい映画も好きで、感動して泣くこともあります。感情は押し殺すことはしたくなくて、自分の感情がどう動いてるのかを感じて作品を観るようにしたほうがいいなと考えています。洋画はまだ難しいかな…と抵抗があるので、気持ちの入りやすい邦画でまずは勉強しようと思ってます」

――奥野さんが子ども時代、家族で遊びに行った思い出はありますか?

「小さい頃は週6〜7日くらい、ずっとクラシックバレエをやっていたので、あまり遠出をした記憶がないんですよね。中1のときだったと思うんですけど、お母さんが行きたいとリクエストしたバリ島に、家族旅行したくらいかな? それ以外だと、小学校の頃は、月イチくらいで、大きなすべり台がある家の近くの公園で、父親と2つ上の兄と2つ下の弟とキャッチボールをしたこと。ストレス発散になっていて、すごく楽しい思い出として残っています」

――最後に、この記事を読んでいるママたちにメッセージをお願いします!

「お仕事、家事、育児で大変だと思いますが、日曜の朝は『仮面ライダージオウ』を観て、ぜひ疲れを癒して欲しいです。個性的なキャラばかりがそろっているので、お気に入りのキャラを見つけるのもいいですし、それぞれのキャラの違いを子どもと楽しむのも、気分転換になるんじゃないかなと思います!」

奥野壮
おくの・そう○2000年8月21日、大阪府出身生まれ。2017年11月、『第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でフォトジェニック賞・明色美顔ボーイ賞W受賞。2018年7月に『男劇団 青山表参道X』に加入。現在は『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系毎週日曜朝9:00〜)が放映中。


前編・ジオウの常磐ソウゴ役、奥野壮さんにうかがいました

写真○島村緑 取材・文○宮平なつき