働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

親の発音は関係ない? 英語教育の第一人者に聞く、家庭で子どもに英語を教えるポイント

2019.02.15

何から始めればいいの?子どもに家庭で英語を教えるポイント

top

2020年から、小学校の5、6年生で「英語」が正式な教科になる上に、3、4年生では外国語活動が追加されます。就学前の子を持つママたちは、小さいうちから英語を教えたほうがいいのでは? と気になっているのではないでしょうか。

そこで就学前からできる、家庭で英語を身に付けるポイントや、子どもが英語好きになるツールや方法を、幼児の英語教育の第一人者といわれる玉川大学の佐藤久美子教授に伺いました。

前後編にわたってお届け。今回は、英語を家庭で身に付けるための基本的な教え方とポイントをご紹介します。

幼児に英語を教える基本的な心がまえ

まずは、英語を早期から教える際の基本的な心構え、注意ポイントを佐藤教授に教えていただきました。

「早期から英語を教える際の基本的な心構えは、『英語は日本語と同様に、コミュニケーションの手段として学ぶ』ということです。つまり、『将来自分の気持ちや意見を堂々と述べる子どもの育成、お友だちの話を聞いてあげられるコミュニケ―ション力の育成』を目指す。この基本的な心構えを、家族で共有することが大切です」(佐藤教授)

具体的には、どんなふうに教えればいいのでしょうか?

「日本語を獲得する自然な過程を、英語にも応用すればよいのです。0~1歳であれば、お散歩しているときに木や鳥を見ながら、日本語だと『葉っぱ、葉っぱ、チュンチュンもいるね。チュンチュン』と話しかけますね。同様に、英語でも「Look at the bird! Look at the butterfly! Bird! Butterfly! 」と話しかけます。そのほか、やさしい英語の絵本を読むのもおすすめです」(佐藤教授)

英語の発音に自信なし!大丈夫?

ここで浮かんでくるのが、「英語の発音に自信がない!」というママの悩み。子どもに悪影響はないか不安になりますよね。英語の発音に自信がないママが、子どもに英語で話しかけてもいいものなのでしょうか?

「私は、子どもの英語と日本語の獲得についてBenesseと約6年に渡り研究を続けていますが、そこで明らかになったことは、ママの英語の発音や単語力、つまり英語力は、子どもの英語の発達に影響を与えない、ということでした。0歳からBenesseの英語教材を学習している子どもたち20名を対象とした調査では、児童の英語音の聞き取る力、単語量、単語を反復する力は、ママの英語力と統計的な相関が出ませんでした。

このことから、むしろ、ママが子どもが小さい頃に積極的に話しかけたり、本を読んであげたりするほうが、しない場合よりも、子どもの英語の獲得には良い影響がありそうです」(佐藤教授)

それなら安心! 発音に自信がないとしても、積極的に英語でおしゃべりしていくのがよさそうですね。

何歳から始めるのがいいの?

ところで、気になるのが、子どもへの英語教育は何歳くらいから始めるのがいいのかということです。

「5歳くらいまでは、特に日本語と英語をあまり区別することなく、音や単語の反復をすることが可能です。そのため、早い時期から英語にも楽しみながら触れることをおすすめします。日本語で書かれた本は日本語で読むことを楽しみ、英語で書かれた本は英語で読むことを楽しめるのは、やはり1歳台で英語を始めた子どもに多く見受けられます。3歳以降に英語の本を読もうとすると、すでに日本語がしっかりしているので、『分からないから日本語で読んで!』と反発する子どもも見受けられます。

もちろん、5歳以降~小学生になった場合でも、その子どもが英語を学んでみたい!という動機が強ければ、積極的に英語を学ぶこともできますので、必ず5歳以下でなければならない、と考える必要はありません」(佐藤教授)

思い立ったときに、英語を日常生活に取り入れてみるとよさそうですね。

次回は、子どもへの英語の教え方の第一ステップと、具体的なおすすめツールを佐藤教授に教えていただきます!

[教えてくれた人] 佐藤 久美子(さとう・くみこ)さん 
言語学者・玉川大学大学院教育学研究科名誉・特任 教授
津田塾大学大学院文学研究科博士課程修了。ロンドン大学大学院博士課程留学。玉川大学文学部、リベラルアーツ学部教授、リベラルアーツ学部長、玉川大学脳科学研究所言語情報研究センター主任を経て現職。乳幼児の言語獲得・発達研究に従事し、その科学的成果に基づく英語教育を提案している。1998~2001年度NHKラジオ「基礎英語3」、2012年度「基礎英語2」、2013~2015年度「基礎英語3」講師をつとめる。2012年度よりNHK Eテレ「えいごであそぼ」の総合指導もつとめる。2007年度より町田市教育委員会の委託を受け42校にカリキュラム配信など、小学校英語研修講師、講演多数。小学校英語指導者認定協議会理事。
取材・文〇石原 亜香利