働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

サッカー親子応援記2019年Jリーグ 初心者でも楽しめる最新トピックス【親子でハマったJリーグ】

2019.03.12

Jリーグ サッカー親子応援記・19

この連載は……
ライターの坂田ジエイ子さんによる、「Jリーグ サッカー応援記」。子育てでつらい思いを抱えていた時期、「母親が笑っていれば子どもは幸せだ」という友人の言葉からサッカーに目覚めた坂田さん。東京在住でありながら、息子さんと一緒に、大阪拠点とする名門サッカークラブ「セレッソ大阪」のサポーターに。クラブへの愛から親子観戦の魅力についてまで、サッカーを応援する楽しさを綴ります。

この連載を初回から読む https://hanakomama.jp/topics/56174/


2019年Jリーグが、はやくも大変なことに!

Soccer

こんにちは! 2019年のJリーグが開幕して第3節が終わりました(3月11日現在)。Jリーグは試合が行われる日を〇節とカウントするので、現時点で全18クラブが各3試合を行ったことになります。今年は昨年までとは異なり、試合開催日が金土日に集中していて、土日休みの方にとっては翌日を気にせずに楽しめるのが魅力のひとつ。また、移籍選手や開幕戦の対戦カードが話題を呼び、スタートから満員御礼となった試合も出ました。出だし好調! はやくも見逃せない!といったところです。

今回は、観戦素人同然の坂田による、初心者の方でもいまから楽しめる2019年Jリーグ第3節までの最新トピックスをお伝えします。メジャーなものから、はっきり言って超個人的なことまで5つ。次節からでもまだまだま~だ間に合うJリーグ観戦のご参考になればと思います。では、さっそく参りましょう!

1. 昨年のJリーグ王者・川崎フロンターレがいまだ勝ち星なし!

Jリーグのクラブは言わずもがな各地に散らばっていて、近いエリア同士はライバル関係にあると断言していいでしょう。川崎フロンターレの初戦は、ホームが同じ多摩川沿いにあるFC東京。両者の対決は多摩川クラシコと呼ばれていて、毎回かなりアツくなるようです。昨年の王者がどんな出だしを見せるか注目されていましたが、結果は0-0のドロー。続いて第2節の対鹿島アントラーズ戦も1-1、第3節の対横浜Fマリノス戦も2-2と引き分けに終わっています。

しかも横浜戦は川崎フロンターレが1点リードしていたものの、終了間際のラストプレーで追いつかれてしまうという後味の悪い幕切れとなってしまいました。昨年を振り返ると、川崎フロンターレは初戦こそ白星スタートでしたが、第5節からはなかなか勝てない時期が続きました。そう考えれば、スロースターターの感は否めず、これから本領発揮といった希望も見られます。

とはいえ、選手もサポーターもこのような展開を望んでいないのは当然です。次節はホームで行われる対ガンバ大阪戦。ガンバ大阪としても、第3節は黒星で終わっていますので、両者ともによりいっそう「絶対に負けられない戦い」となること必至。対戦は3月17日(日)です! ぜひともチェックしてください!

2.決死の覚悟で移籍したレッズ・FW杉本健勇選手がスタメン→サブに降格!

最初に申し上げておくと、個人的に大ファンでありまして、彼を見たさに昨年は2回ほど母子3人で大阪旅行を敢行しました。杉本選手は中学からセレッソ大阪の下部組織に入り、そこから東京ヴェルディ、川崎フロンターレへと一時的に移籍はしましたが、ほぼずっとセレッソ大阪で戦ってきました。そして2017年にはJリーグの年間得点ランキング堂々の2位に輝き、日本代表にも召集されました。ですが、昨年の得点は怪我もあって僅か5点…。

そこで、より自分を厳しい環境に置こうと一大決心をし、スタメン争いの激しい浦和レッズに移籍したのです。自分を奮い立たせるかのように、レッズのために戦うと宣言したのですが、なかなか実力を出せず、第1節の対ベガルタ仙台戦(0-0)はスタメンでしたが、第2節の対コンサドーレ札幌戦(0-2で敗北)は途中交代、第3節の対松本山雅戦(1-0で勝利)は遂にサブとなってしまいました。

今季が正念場といったところでしょうか。彼はいま谷底へと続く入口に立っていて、転落するか生き延びるかは、今季の結果にかかっているのかもしれません。どうかクサらず前を向いて、爽やかすぎる笑顔を見せてほしいと切に思います。次節は、なんと古巣の対セレッソ大阪戦! セレッソ大阪のホームだけあって、セレッソ大阪サポーターから杉本選手へブーイングが起きそうですが、それは試合に出場することが大前提。彼はピッチに立てるのかどうか、みなさんも注目してください!

3. その杉本健勇選手ら主力が抜けたセレッソ大阪が開幕戦勝利!

2.でも述べた杉本選手のほかに、セレッソ大阪からは、日本代表に何度も呼ばれている山口蛍選手がヴィッセル神戸に、幅広くポジションを担える山村和也選手が川崎フロンターレに移籍しました。主力の3選手が一気に抜け、代わりにコンサドーレ札幌の都倉賢選手や海外から外国人選手を呼び寄せましたが、個人的には2017年、2018年前半はクラブに勢いがあったものの、同年後半は故障者が続出し下降ぎみに、その傾向は続くのではないかと思っていました(サポーターなのにすみません)。

加えて、初戦の相手は、「バルサ化」を目指すヴィッセル神戸です。このカードは先述したライバル対決でいえば、阪神ダービーといわれ、かなりのプレッシャーはあったはずです。結果は、1-0で見事セレッソ大阪の勝利! 昨年不本意に終わってしまった桜のエース・柿谷曜一朗選手の華麗なドリブルも見ごたえがありました。ですが、残念なことに第2節対グランパス戦、第3節対サンフレッチェ広島戦と2連敗に終わっています。

次節は何としても勝ちたいところですが、相手が浦和レッズですから、個人的に応援がとても難しいことになっています……。

4. ヴィッセル神戸にまたもや豪華な外国人選手が加入!

ヴィッセル神戸といえば、豪華絢爛という言葉がぴったり当てはまるスター集団。元ドイツ代表のポドルスキ選手に、あのメッシもいるスペインの名門FCバルセロナ(バルサ)からやってきた元スペイン代表・イニエスタ選手、同じく元スペイン代表のビジャ選手、日本人でいえば山口蛍選手など。彼らのおかげで、世界的にJリーグの知名度が上がったといってもいいでしょう。彼らをひと目見たいとチケットは即完売。今季も入手は非常に困難になりそうです。

というのも、3月に新たな外国人選手が加入したからです。その名はセルジ・サンペール選手24歳。彼がすごいのは、なんと6歳からバルサのサッカースクールに入り、そのまま下部組織からトップチームに上り詰めたこと。しかも、年齢的にイニエスタ選手やビジャ選手が熟した果実であるなら、サンペール選手はこれから旬を迎える青々しい実であるわけです。今後、世界に飛躍するであろう選手のプレーを日本で観られるなんて! デビュー日を心待ちにしていましょう!

5. J2から昇格した大分トリニータがアジア王者・鹿島アントラーズに開幕戦勝利!

今季、J2からJ1に昇格したばかりの大分トリニータが、2018年にアジアNo.1クラブを決定するACLでチャンピオンとなった鹿島アントラーズに、開幕戦勝利したことを最後のトピックスに挙げたいと思います。鹿島アントラーズといえば、新キャプテン・内田篤人選手をはじめ、日本代表にもなった鈴木優磨選手や三竿健斗選手、成長著しい安部裕葵選手(イケメン!)などタレント揃い。毎年、常に優勝争いに食い込む強豪クラブです。

そんなビッグクラブを負かしたキーマンといえるのが、FW・藤本憲明選手です。この試合では先制点と勝ち越し点を決め、第3節もジュビロ磐田から先制点を奪いました。この活躍から、ダークホースとして注目を集めており、彼の俊敏な動きとプレーは要注目です。次節は、ホームでの対横浜Fマリノス戦。この勢いのまま、多くのサポーターの前で輝きを放ってほしいものです!

以上、坂田が思う2019年Jリーグの最新トピックスでした! Jリーグは計306試合ありますが、ひとつのクラブと戦うのはホームとアウェイたった2回しかありません。1試合の重みを噛みしめて、1秒たりとも逃さないよう楽しみたいものです。みなさんも、ぜひハマってみてくださいね!

坂田ジエイ子
ananのオリジナルコンテンツweb「ananweb」制作スタッフ兼ライター。同じくセレッソ大阪サポーターでサッカー少年の小5長男、とにかくお出かけが大好きな小2長女を持つ二児の母。仕事の合間に、チームや選手名をハッシュタグ検索しては、ニヤニヤしている日々。趣味は他に嵐、バレーボール。愛猫2匹をモフモフする時間も宝物。


第18回 2019年Jリーグ始動!「初心者も楽しめる」開幕戦の見どころ
第17回 日本代表メンバーにJリーグ選手は何人? 初心者サポーターが思うコト
第16回 「長谷部誠選手のマインド」を嵐ショックの私がマネてみた
第15回 Jリーグ開幕1か月前、選手たちがしているコトに注目!
第14回 チケットはどこで買える? 初めてのサッカー観戦ガイド
第13回 Jリーグ、どのクラブを応援する? お気に入りの見つけ方
第12回 「行けー!」はダメ? 少年サッカーの応援はJリーグ観戦より難しい
第11回 ファスナー付きはNG…! キッズ向け「冬の防寒サッカーウエア」
第10回 寒い日の親子サッカー観戦は、あえて「部屋」をおすすめする理由
第9回 かわいくてあったか……冬のサッカー観戦、気になる服装は?
第8回 ポイントは、お尻!? 冬場のサッカー観戦で絶対に持って行ったほうがいいもの
第7回 見学できる、Jリーグ各クラブの練習風景。用意しておくといいものは?
第6回 試合後にはお楽しみも。サッカー日本代表戦の楽しみ方
第5回 あの頂上決戦から再び! セレッソ大阪vs川崎フロンターレ、アウェイ観戦記
第4回 柏スタジアムでの観戦をおすすめする理由は?
第3回 セレッソ大阪を好きになるきっかけとなったゲーム『FUJI XEROX SUPER CUP 2018』
第2回 大収穫の2日間。憧れの選手が息子に与えてくれたもの
第1回 育児の黒歴史を経て、セレッソ大阪に出会うまで

この連載を最初から読む