子育てママのお悩み解決メディア
内弁慶な子ども。相手に気持ちを伝えられようにするには?【教えて!ケイト先生】

ママのためのカウンセリングルーム・79 内弁慶な子ども。相手に気持ちを伝えられようにするには?【教えて!ケイト先生】

sad crying little girl hugging mother, parenting

私も幼少期は、母の後ろに隠れて過ごすくらいに内弁慶でした。また、同じような体験も幾度としました。

母に「やられたらやり返しなさい!」とよく言われていましたが、自分は、母のように強くはないし、「それができたらどんなに楽か」…と常に思う日々…。それからというもの、他人に危害を加えられても、やり返さなかったことが母に怒られるのではないか?という方が強くなり、誰にも相談できずに過ごすという幼児期を過ごしていました。
もちろん、母が子どものことを愛しているがゆえになのですが、子どもからすれば、それができる子と、できない子にわかれます。これは、一人ひとり性格が異なるので仕方のないことだと思います。では、このままで良いのか?というとそうではありません。

実際に、私が保育士時代にも、同じような子がいました。

この子は、Sちゃんと言って、消極的でクラスでは、他の子に自分のものを取られても中々、言い出せない子でした。ある日、現場を目の当たりにして、私が「Sちゃん、自分のものを取られて悲しくない?」そうきくと、「うん。かなしい。でも、Sが、がまんすれば、ケンカにならないですむから。」と答えが。そうかぁ…この子は、自分を犠牲にしてまで他人の事を考えているんだなぁ…とその優しさに感動をしました。
しかし、こんな小さなときから、「辛い我慢」を覚えさせることはないと思った私は、彼女が物を取られてしまう瞬間に、いつも立会い、お互いの思いをしっかりと出せる場を作っていきました。また、Sちゃんにも、「こんな場面のときは、こう相手に伝えればいい」と、教え、自分の意見を述べられるように特訓をしました。
すると、3ヶ月後、自分の乗っていたスクーターをいつもの様に取られそうになったときに、彼女は「かえして!」と大きな声で言えるようになったのです。その大きな声に、取ってしまった子は、驚いて、素直に「ごめん…」と謝っていました。
私は、その姿を見るやいなや、Sちゃんの近くに行き、たくさん褒めました。自分がしたことが、これでよかったんだ!と自信の着いたSちゃんは、それからも自分の意見をしっかりと述べられるようになりました。

今回のお子さんも、弟さんがいると言うことで、色々我慢しているのかもしれません。それが、「正しいこと」と思ってしまい、もしかすると言い返せないこともあるのかも。子どもの目線に立ってみて、お母さんが一緒に寄り添いながら、「こんなときは、こうしたほうが良いよ。」など、例を出しながら話してみると、少しづつ自分の思いが出せる子になってくるかもしれません。

Sちゃんの様に健やかな子に成長してくれるように心から願っています。

kawanishi_keito

河西景翔(かわにし けいと)さん・子育てアドバイザー
小学生の頃から保育士を目指し、中学から保育園でのボランティア活動を通して、日本音楽学校に入学し、保育士・幼稚園の資格を取得。平成14~26年まで、保育士・幼稚園教諭として現場で働く。
現在は、セミナーを開催したり、ウェブマガジン・ブログを通し、子育てに悩むママに向けて、子育てに関する情報を発信。「子育て中のママと、共に悩みながら最良の道を切り開く」を念頭において、日々奮闘中。

http://s.ameblo.jp/chloe69/
「ほいくらいふ」でも連載中!

まずは「辛い我慢」を覚えさせず、相手に思っていることをどう伝えれば良いか、お母さんも一緒になって考えていけると良いですね。
子育てのこと、夫婦のこと、仕事の両立のこと。悩んだり、迷ったりしたときは、このページ下から、ぜひ「Hanakoママ 働くママのカウンセリングルーム」に投稿してください!

河西さんの新連載、「教えて、ケイト先生!」が始まりました!
こちらも読んで!
早く寝かせたいのに。どうしても22時を過ぎてしまいます
2歳相手に本気でイラつき、手をあげたくなることも
下の子に絵本の読み聞かせをすると、お兄ちゃんがジャマして困ります
ママの虫嫌いのせい? 小さな羽虫にもおびえる息子が心配です
トイレを怖がる3歳の息子。保育士からオムツ外しのアドバイス
3歳の娘と遊ぶのが苦痛。家事を言い訳に逃げています
ひらがなは、小学生になるまで書けなくてもいい?
生後間もない赤ちゃんを預けることに罪悪感があります
2歳の息子との食事の時間が、憂鬱でたまりません
急に飛び出す子どもに、保育士は何と言い聞かせてる?
うちの子、発達に問題あり? 「療育」に通うことが不安です
おっぱいをさわる5歳の娘。いつまでも赤ちゃんみたいでイラッとします
もう3歳なんだから……と言われて。涙がとまりませんでした

これまでのお悩み一覧


あなたの悩みに星山麻木さん、河西景翔さんが答えます!
お悩み投稿はこちらから
※すべての方の投稿にお答えするものではありません。
※記事として掲載する場合は、編集部から直接ご連絡をさせていただき、さらに詳しくうかがう場合があります。
※お答えいただく先生は編集部が選定します。
※こちらに投稿いただいた内容は、Hanakoママの「お悩み相談室」以外で使用することはありません。

photo by Adobe Stock

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →