働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

夫婦お笑いコンビが育児コミックエッセイを発売! 「相方は大先生。我が家の大黒柱です!」爆笑のリリースイベントレポートをお届け!

2019.04.08

夫婦のじかん・大貫さん、コミックエッセイ「母ハハハ!」発売記念で似顔絵イベントを開催しました。

DSC3763

夫婦のコンビ結成から妊娠・出産・育児の日々を綴った奮闘記をまとめた、夫婦のじかん・大貫さんによるコミック「母ハハハ!」(PARCO出版)。その出版記念イベント『夫婦のじかん・大貫さんがサイン&似顔絵を描く会』が3月22日(金)に東京・ヨシモト∞ドーム ステージIIにて開催されました。

ライブ中、ぐずっても何も問題ないですから!

DSC3752

入り口にはベビーカーがずらり。さらに、客席の後方にはジョイントマットが敷かれ、赤ちゃんたちを遊ばせながらママたちがにこやかに談笑していて、まるで児童館のような和やかな雰囲気。そんなアットホームな空気の中、夫婦のじかんのおふたりが登壇しました。赤ちゃんの泣き声もちらほら…。でも、ステージのおふたりは「みんな、かわいい〜」「ぐずっても問題ない。立って抱っこしたり動いてくれても全然構わないです。座って聞く必要ないですから。ラジオやと思って音だけ楽しんでください!」と、ママ&パパたちにやさしく声をかけていました。

DSC3747

「バタバタしすぎて出版した実感がない」と正直に語る大貫さん。本を書いたあとも全国の書店さんのために手描きPOPを作るなどの作業に追われているそう。そんな妻に対し、夫であり、相方である山西さんは「大先生は大変ですから!」と大げさに声をかけます。「その言い方、バカにしてる?」と笑う大貫さんに「そんなわけない! 山西家の大黒柱ですから。ピースの又吉さん並に大先生です」「そこまでの先生じゃないよ!」と会場の笑いを誘います。

「さくらももこさんのエッセイみたいと言われて」

「漫画の中には書ききれなかったエピソードも多くて」と切り出す大貫さん。ライブではそんなこぼれ話を披露。家族の間で巻き起こった、思わず愚痴りたくなる「あるある」なエピソードに会場中、共感の笑いに包まれました。「こういう感じでほかの芸人ママさんたち愚痴ってたら、大貫ちゃんの話していることはさくらももこさんのエッセイみたいで面白いね」と言ってもらえたそう。「わたしにとっては、つらかったり、イヤだったことなんですけど、でもそう言って楽しんでもらえたらいいなと思って漫画も描けるようになったんです」という制作の裏側もポロリ。

DSC3755

「夫のみなさん、料理は洗い物もして“料理”です!」

また、会場を見渡して山西さんが「ママだけじゃなくてお父さんもちらほらいるのがうれしい」とひと言。現在は執筆活動に忙しい大貫さんに代わり「手伝うとかいうレベルではない主夫。ほぼほぼ家のことをやっています」という山西さん。「男性も家事、育児に参加しているのは素晴らしいことやと思います。みなさん、料理は洗い物もして“料理”ですから。洗濯もたたむまでが洗濯です!」と言うと「ちがうよ! 畳んで(収納に)しまうまでが洗濯でしょ」と大貫さんから手厳しいツッコミ。「もちろん、しまいますよ。それも僕がしまってますよ!」と重ねて笑いを生んでいました。

DSC3764

イベントの最後には、当日会場にて本を購入した参加者に大貫さんがサインと子どもたちの似顔絵イラスト描くプレゼント企画も。ひとりひとり、丁寧に似顔絵を描く大貫さん。その間に山西さんは、赤ちゃんたちが飽きないように声をかけたり、ママたちと育児トークで盛り上げたり。まるでベテラン保健師さんのよう!?  大貫さんのコミックエッセイ『母ハハハ!』は、現在好評発売中。ぜひ、育児の合間に読んで、共感間違いなしの奮闘記を楽しんでください!

hahaha_c_190205

コミックエッセイ「母ハハハ!」
著者:夫婦のじかん 大貫さん
価格:1,200円+税(PARCO出版)

さらに、夫婦のじかんのおふたりにインタビュー!
さらに爆笑の育児エピソードが続々! 夫婦コンビならではの笑える育児の秘訣とは?

夫婦のじかん 大貫さん
1981年栃木県鹿沼市生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人。夫婦コンビ「夫婦のじかん」として活動中。相方は元・トンファーの山西章博。大貫ミキエ名義でイラストレーター、漫画家としても活動中。Webサイトでの連載も多数。
写真・編集・文○梅原加奈