子育てママのお悩み解決メディア
今の育て方で、子どもの未来は大丈夫!? 酒井レオの『お金に強い子どもに育てる方法』から学ぶ! 世界で闘えるスキルの育て方【前編】
2019.04.18 by Hanakoママ Hanakoママ

今の育て方で、子どもの未来は大丈夫!? 酒井レオの『お金に強い子どもに育てる方法』から学ぶ! 世界で闘えるスキルの育て方【前編】

日本人の両親を持つ日系アメリカ人の酒井レオさん。裕福なユダヤ人のコミュニティで育ち、またエリート家庭の子どもたちが通う幼稚園に通ったことで、裕福な人がどのような教育を受けていたかをつぶさに見てきました。ご両親にも同じように育てられ、ワシントン大学卒業後、アメリカのメガバンク「バンク・オブ・アメリカ」で史上最年少にして「全米ナンバー1」の営業成績を達成。これもご両親のユダヤ式教育のおかげだといいます。

著書の『世界最新メソッドでお金に強い子どもに育てる方法』では、レオさんが受けてきたユダヤ式教育を紐解きながら、今の子どもたちがこれから世界で活躍するために必要な教育とは何かが紹介されています。

一番のポイントは、「お金に強くなる」こと。それっていったいどういうことなのか、レオさんに聞いてみました!

小遣いは与えない、ニュースからお金について考えさせる

――さっそくですが、お金に強くなるってどういうことなんでしょうか。

酒井:お金に強いとは、お金の価値を知っていること、世界はお金で回っていると知ること。
その一番てっとり早い方法として、わが家では、子どものとき、お小遣いを渡されませんでした。その代り、家の掃除や洗濯をして小銭を稼いでいました。

これはユダヤ人家庭では常識なんです。幼い頃から、お金は労働の対価として得られるものだということを知り、親の稼いだお金で生活できているということを知る。

自分で苦労して得たお金だから計画的に使おうと考える。親から何でも買ってもらえて、タダで家に住まわせてもらっている限り、自立心は育ちません。

――本でそれを読んで、とてもびっくりしました。試しに、今年から大学生になったうちの息子に「今日からうちはユダヤ式子育てやるから、お小遣いなしね」と言ったら「は? 意味わかんないし」と却下されてしまいました(笑)。
お小遣いを与えないこと以外で、お金に強くなる簡単な方法はありますか?

酒井:身の回りの出来事、ニュース、何でもいいのですが、「そのお金はどう回っているのか」と考えることを習慣にする。たとえば、大坂なおみが2019年1月の全豪オープンで優勝したときの賞金は3億円超え。21歳にしてすでに彼女の生涯獲得賞金は10億円を突破。一方で、卓球の場合は、ワールドカップで優勝しても賞金は日本円で約600万円。この差は何だろうと、子どもと一緒に考えてみる。観客動員数や、TV放映権、スポンサー企業の数など、考えていくとおのずと社会の仕組みを知ることができます。スーパーで売っているお惣菜とデパ地下のお惣菜が、似たようなものなのになぜ値段が違うのかとか、ネタはいくらでも転がっています。

酒井レオ

成功している人は皆、お金に強い

――お金に強くなることが大事な理由は何なのでしょうか。

酒井:グローバルに活躍しているビジネスマンはみなお金に強いですよ。お金は汚い、お金のことを話すのは品がないと日本では思われていますが、世の中はお金で回っていることは事実です。子どもの頃から、お金の価値を知り、世の中でお金がどういうふうに回っているか意識する習慣をつけることで、将来お金で失敗することがなくなるし、自分でビジネスを生み出す力も育っていく。

近い将来、有名大学を卒業したとか、一流企業に就職したとか、そういうブランドが将来の保障になる時代はもう終わります。日本だけでなく、アメリカだって、高い学費を払ってハーバード大学を出ても価値があるのか?と疑問視する人たちが増えてきている。これからは、大金を稼がなくても、自分の好きなことを仕事にしていく時代。そのためにもお金に強くなること、そして、圧倒的な個性を身につけることが大事ですね。

後編へ続く

[教えてくれた人] 酒井レオ(さかい れお)さん 元バンク・オブ・アメリカ ヴァイスプレジデント
ニューヨークで生まれ育った日系アメリカ人。日米両方の文化に影響を受けて育ち、世界のトップエリート教育を知り尽くした人材育成のプロ。29歳のとき、バンク・オブ・アメリカにて史上最年少で営業成績No.1を達成。その後、世界基準のリーダー育成機関「PYD」を設立し、人材育成・教育の世界に転身を果たす。
現在は、子育て分野にも進出し、AI時代に適応したSTEM・STEAM教育の普及に力を注いでいる。詳しい活動内容は、下記まで。
PYDJapan公式ウェブサイト  http://www.pyd.jp
文○石井栄子
Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →