働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

おっとり男子の野球生活こんなにあるの、保護者の仕事。恐るべし「お茶当番」【スポ少ってこんなです 4】

2019.04.19

この連載は…

小学生になったら参加してみたいけど、スポーツ少年団(スポ少)ってなんだかちょっとハードル高い。特に少年野球は保護者も大変では? なんて声を時々耳にします。具体的にどんな活動をしているの? 雰囲気は? 親の当番は? など知りたいことがいっぱい。
ここでは野球少年を持つ母が、子の日常を通してスポ少への愛と矛盾(!?)を語ります。


お当番、協力してもらえますか?

野球

厚みのあるプリントの束を手にし、きびきびと話を進める保護者代表さんの声でハッと我に返りました。渡された「保護者用資料」にはたくさんの保護者の仕事がぎっしり記されていました!

もちろん…入団したばかりなのに、毎週末の野球が楽しくて待ちきれなくて、文字通り、瞳キラッキラな息子のために、母だってひと肌脱ぐつもりでした。

監督・コーチだって、ボランティアだし、ご家庭もあるのに…。特にパパ世代のコーチたちは平日は遅くまで働いているのに、土日は早朝からグランド整備をして、子どもたちを熱心に指導してくださっているのだし。

自分も平日は仕事に追われ、下の子は幼児で、夫は単身赴任中…と、綱渡り生活ではあるけれど、試合時に審判にお茶を出すくらいなら出来そう…と。

しかし目にした資料には

– 代表・副代表 
– 会計 
– ユニフォーム係 
– 合宿係
– 配車係
– 入退部係
– イベント係

ズラリと係が並び、このうちのどれかひとつを担当し、そのほかに順番に回ってくる「お茶当番」をこなさなければならないみたい!

お茶当番とは、試合中、水分補給が困難な審判に飲み物を出すことからついた名称ですが、実際は、子どもたちの体調管理、水分補給、チームの団旗を掲げたり、試合の状況をチーム全体にメールしたりする、試合当日の雑務係のことです。

さらに可能なら遠征時に子どもたちを送迎する「配車」にも協力して欲しいし、ホームゲーム時は来校する他チームの車を誘導する「駐車場係」もある。またユニフォームのリサイクルやカレーパーティなどのチーム行事には、積極的に参加していただきたい…。保護者代表さんの話は続きます。

( ;∀;) 保護者の仕事多い! 

噂には聞いていましたが、ここまでとは!

表情を暗くする私(←たぶん)に、申し訳なさそうに代表さんは言いました。

「難しければ免除します。出来る範囲で、出来ることをお願い出来れば…」

事情を聞くと、土日に仕事や家庭の用事があって、チームにまったく顔を出せない保護者も数人はいるんだとか。

それもチームとしては受け入れているんです、と代表さん。

「だって親がお当番が出来る出来ないで、子どもの野球したい希望が叶わないなんて、本末転倒でしょう?」

「そ、そうですけど、そうするとほかの保護者の負担が大きくなるのでは?」
(・o・) ← 新入りのわりに暴言!

「はい。それはそうですけど…」
(・ω・) ← 代表さん。

聞けば、土日に多忙なご家庭が、協力できないという理由で入団を控えてしまった…なんてことが多いんだとか。お子さんは友達と学校で野球チーム入るんだ! と盛り上がっていたのに。

代表さんご自身も週末仕事もあるのだけれども、子どものために、コーチたちへの感謝の気持ちから、出来ることはやろうと野球のお手伝いを優先させているんだそう。

大変と思われる保護者のお手伝いも、夢中になって球を追いかける子どもたちの姿を見守るうちに、苦にならなくなってきて、今は彼らの成長をそばで感じる大切な時間として、心から楽しんでるそうなんです。

出来る人が出来ることをやればいい!

応援

「ライトフライも取れなかった息子が、アウトを始めて取った時なんてもう私が興奮しちゃいました。でも、家庭の事情はそれぞれですし、物理的にお手伝い出来ない保護者が負担に思わないように、お手伝いやる気満々なのを美談にもしたくないんです」

( ; ; )なるほど。なかなか複雑な葛藤!

最近、横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手が、少年野球団の親の負担について話題にしたことがニュースで取り上げられました。チームの母親(時には父親)が、試合に同行してお当番をこなさなければならないので、ほかにやりたいことが何もできない。だから子どもに野球をやらせたくないという声を聞き憂慮している、というような話でした。筒香選手ゆかりのチームでは現在、お茶当番を廃止しているそうです。

今、少年野球人口は減っているそうです。
新しいスポーツの普及や、子どもの余暇の過ごし方が多様化した結果ならいいのですが、場所がない、指導者が怖すぎる、親の負担が大きすぎる…などの理由で野球が好きなのに、プレーできない子どもがいるとしたら悲しいなあ、なんて思います。

知り合いのチームでは、上述の係に加えて、指導者のお弁当を購入したり、呑み会の仕切りをするのも保護者の仕事のひとつだったとか。こうなってくると誰のための活動だかわからなくなってしまいます。

やっぱりスポ少は習い事ではないんです。みんなボランティアだから、保護者も工夫して運営してなくては。そのためにはなるべく仕事は減らさないと!

ライフスタイルが多様化して、さまざまな価値観が以前より受け入れられる時代になってきたような気がしています。

入団したら親として出来ることを出来る時にやり、やるからには楽しむ。協力が足りないことで活動が滞ったら、チーム内の大人で相談しあって変えていく。そんな気持ちで参加するのがいいのかもしれません。また入団を検討している時に、関わる大人たちで良い方に変えていけそうなチームかどうか、よく見ておくのも大切かもしれません。

さて、そんな私が最初に引き受けた係は…。

会計補佐!
_φ(・_・
数字には弱いけど頑張る!

応援
タナカユミ
ハナコママではものぐさママとしてお馴染みのライター。数年前までインドア派でしたが、今は子どもの野球はもちろん、プロ野球、社会人野球、高校野球の応援にもウキウキと出かけて行きます。いつか行きたいMLB観戦!



第1回 「まさかうちの子が野球チームに…!?」
第2回 「応援のテンションにビックリ!」
第3回 「少年野球はお金がかかる!?…」


この連載を最初から読む