子育てママのお悩み解決メディア

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

子どもが自らやる気になる”上質世界”ってなあに?

2019.04.30

子どもが自らやる気になる”上質世界”ってなあに?

4月の345(サンシーゴ)、本誌では、「集中力の育て方」(https://hanakomama.jp/topics/72015/)を取り上げました。

お話を聞いたのは、星野優美子先生。星野先生は、小学校の先生から転身し、選択制理論心理士、PCM®認定トレーナーとして活躍中。各地でセミナーやワークショップを行ったり、子育てに関する悩み相談もしています。保育園や幼稚園を訪問して、子どもたちと遊ぶ姿を見せながら、保育士の指導もしています。

取材した日は、埼玉県のとある保育園の訪問日。星野先生が子どもたちと遊ぶ様子を見学させてもらいました。今回は見学したのは、2歳児クラスの子どもたち。それも45分間ものプログラムに元気な2歳児たちが取り組みました。

こんな簡単な遊びで、子どもたちがこれほど集中できるとは!

星野先生は、パペットやゲーム、工作(製作)など、20分程度で次々と新しい遊びを提供し、子どもたちを飽きさせません。

楽しい!と思ったのは、お皿の上の小さなふわふわの毛糸玉をスプーンですくって、別のお皿に移す遊び。毛糸玉はスプーンにやっと1個乗るくらいの大きさ。注意深くすくわないと落ちてしまいます。とても軽いので、乱暴に置くとお皿から転がり出てしまいます。毛糸玉を一つでも多くお皿に乗せようと、子どもたちの顔は真剣そのもの。とても集中して取り組んでいました。

子ども
子ども

「スプーンに一度に何個のせられるかな~?」と先生が言うと、みんなさらに真剣な顔で、そ~っとそ~っと毛糸玉をスプーンに乗せていました。間もなく、「2個のった~」「3個のせられた~」と報告に来ます。「すごいね~」「よくできたね~」と、先生にほめてもらってみんな嬉しそう。

子ども

子ども達は、言われなくても好ましい行動をする

星野先生のご専門の、選択理論心理学とは、ものすごく簡単に言うと、「人は、自分が楽しいと思うことを選択していくようにできている」ということ。
子どもは、楽しいことには言われなくても取り組みます。そして楽しかったできごとは、「上質世界」という記憶の箱に保存され、その経験を繰り返そうとするのです。

たとえば、何かで親にほめられて、とても嬉しかったという記憶は上質世界に記憶され、次から言われなくてもやるようになります。

さて、その選択理論心理学をベースとした”遊び”を見せてもらいました。

黒板の左側に、悲しそうな顔、右側には楽しそうな顔を書きます。
星野先生は、紙に描かれた絵を見せながら子どもたちに聞きます。

子ども

星野先生 「二人の子がケンカをしているよ。ハッピーかな?」
子どもたち「ハッピーじゃない!」(黒板の、悲しい顔のほうにその紙を貼る)
星野先生 「二人の子が楽しく遊んでいるね。ハッピーかな?」
子どもたち「ハッピー!」(黒板の、楽しい顔のほうにその紙を貼る)

こんなふうに、おもちゃを取り合ったら? 仲間はずれにされたら? と、色々な場面について聞いていき、ハッピーな行動とハッピーじゃない行動をみんなで確認。「ハッピーなほうがいいよね」と、みんなで理解し選択します。

ゲームはここまでですが、別の場面で、もし子どもたちがケンカを始めたら、「あれ? それってハッピーかな?」と言うと、子どもたちはケンカをやめる。
実際に、そういう場面を何度か目撃しました。
「けんかしちゃダメ!」「やめなさい!」と言わなくても子どもたちは、ハッピーなほうが楽しいと知っていて、楽しいほうの行動を選択する。

これが、選択理論心理学なのです。

上質世界を楽しい思い出で一杯にしよう!

「子どもが小さきときに大事なのは、『自分はこれが好き』と選べる能力をつけること」と、星野先生。

いろいろなことにチャレンジさせて、「楽しいな!」と思ったり「できた!嬉しい!」という喜びが上質世界に記憶されると、またやろうと思います。
親もいっしょになって遊んだり、同じものを見て感動したり、ほめてあげたりすることで、子どもの上質世界がより広がっていきます。

保育園時代にハッピーをたくさん経験した子ほど、学童期になってから創造力が花開いていき、大人になってもそれは続きます。

「これをしないと叱られるから」「これをしたらお褒美がもらえるから」ではなく、子どもが「楽しいからやる!」と思えることに、たくさん出会わせてあげることが、親のやるべきことなのかもしれませんね!

星野優美子

[お話を聞いた人]星野優美子さん

教育学博士。選択理論心理士。PCM®認定トレーナー。子どもたちの笑顔と才能を引き出すプロとして、幼・保・小学校で活躍中

取材・文・写真○石井栄子
Hanakoママ

Hanakoママ (はなこ・まま)編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →
Hanakoママさんの記事一覧 →