働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

【働くママ対談 おかざき真里×かわどうこゆき】どうしてる? 働くママのライフハックとは ~Part4~

2019.06.03

今回、働くママ同士で対談をしていただいたのは、月9ドラマにもなり大ヒットした「サプリ」で、仕事や恋を楽しむ女性の繊細な心情を表現し、また最近では空海と最澄の生涯を激しく美しく描く「阿・吽」が大好評を呼んでいるマンガ家のおかざき真里さん。一方、ハナコママでの連載にもファンが多く、お弁当を作るママたちの間でも話題となっているコミックエッセイ「毎朝、悩まない! ちゃちゃっと弁当」の著者かわどうこゆきさんのおふたりです。

おふたりの共通点はマンガ家であること、そしてハナコママ読者のみなさんと同じ“ママ”であること。おかざきさんは3人の、かわどうさんは2人のお子さんのお母さんでもあります。

仕事も子育ても楽しんでいるのが伝わってくるおふたりの対談も最終章! Part4では「おかざき先生流ライフハック」が連発! 仕事に家庭にと忙しいおふたりの暮らしのコツは、さっそく試したくなるモノばかりです!

Part3はこちら

仕事と生活、切り替えは難しくないですか?

1 (2)(左)おかざき真里さん、(右)かわどうこゆきさん

――お二方とも自宅が仕事場所でもあるそうですが、家事と仕事の境界線はあいまいにはなりませんか?

かわどうこゆきさん(以下、こゆき):子どもがいると、できる仕事が限られるのでどうしても切り替えざるを得なくなりますね。うちの場合は、子どもがそばにいるときはほとんど仕事にならないです。

おかざき真里さん(以下、おかざき):私は実は逆で。自宅が仕事場所で良かったなと思う方が大きいんです。

子ども達は時間に正確に動いてくれるので時計代わりになってくれています。例えば「幼稚園」「小学校」「塾」「お迎え」というように、行く時間や帰る時間がある程度決まっているじゃないですか。だからその合間、合間に自分の仕事をやろうとすると、私の場合はすごく仕事がはかどります。あと何分しかないから、これをやってしまおう!というようにリミットを自分の中で決めてやってしまいます。

……というのも、最近はだんだん子どもの手が離れてきて送迎をしなくてよいことも多くなり、今まさに……すごく……仕事が遅くなっているなと感じています(笑)。おかしいですね、時間ができているはずなのに。たぶん無意識のうちに頭のどこかで「子どもがかえって来るあの時間まで」とか「お迎えのこの時間になるまで」って考えてやっていたんだと思います。時間ができればできるほど、仕事が遅くなっています(笑)。

こゆき:知り合いのマンガ家さんは夕方で仕事をきっぱりと切り上げてしまう、と言っていました。SNSなどを見ていると思うのですが、お子さんのいるマンガ家さんは朝方に仕事をする方が割と多くないですか?

おかざき:それに関しては私は割と先駆者なんですよ! 仲良しのマンガ家仲間の内では、私は早く子どもを産んだ方だったんです。子どもと一緒にヘトヘトになって、添い寝で21時頃には寝てしまって、3時か4時頃に起きて仕事をするという生活が続いていました。その延長で、今も子どもより早く21時くらいには寝てしまうんです。

実はコレってね、畜舎の生活と同じなんですって! 牛の世話と同じ。牛が寝たら寝て、牛が起きたら起きるという、畜舎の生活を都内にいながらしていましたね。

昔は朝まで会社にいるような働き方だったり、徹夜でも力尽きるまで仕事をするような生活の方は多かったですよね。子どもができても夜泣きで徹夜くらい平気よ! なんて思っていましたが、まったく質の違うものがやってきましたよね。楽勝だと思っていた徹夜は、子どもの夜泣きとなるとこんなに辛いのか! と焦ったのを覚えています。

1IMGP9389 (1)

こゆき:実際にマンガ家さんのSNSをフォローしていると、皆さん3時~4時くらいにお仕事したりおしゃべりしたりされていますよね。

おかざき:一時、夜中の3時か4時あたりにマンガ家がすごく集まることがあったんです。独身のマンガ家さんは今からそろそろ寝るという時間帯で、ママは今起きたっていう時間帯がちょうど3時~4時くらいだったんでしょうね。

こゆき:たしかにこの時間帯は、いったん寝ているから頭もクリアですし仕事がはかどりますよね。集中できます。そして意外と家事もはかどるんですよ。例えば子どもがいると床がすごく散らかるし汚れるじゃないですか。遊んでいると掃除できないので、寝ている間の拭き掃除は良いですよ。

おかざき:一休さんみたいですね!

こゆき:めったにやらないんですけどね。でも朝起きて床を拭くところから始めるとすごく心が整うような気がします。これはハナコママの読者さん達にもおすすめです!

おかざき:得を積んだ気分になりそうですね。

こゆき:掃除をし始めてから分かったのですが、散らかっていると思考に影響があるなと思います。整っていると、やはり考えも整う。

わかるんですけどね……。なかなか実行に移すのは大変です。新しい年度が始まり新生活も始まったので、なるべく実行したいとは思いますが。

ライフハック連発の中、究極のライフハックとは……

1IMGP9373 (1)

おかざき:新しい年と言えば、年度初めは子ども関係の書類の整理も大変じゃないですか? 登校範囲の地図を毎年書いたり、変更もないのに住所を毎年書いたり。学校側も配慮してくれているのか、だんだんと書類の記入回数は減っているような気はしますが。変更がなければハンコを押すだけとか、お母さんたちがどんどん楽になれば良いですよね。

こゆき:私は今年も地図をまた書きましたね。ネットからプリントアウトすれば良いんですが、どれくらいに縮小したら良いかと格闘することを考えると、もうめんどくさい! ってなり、結局手描きにしちゃいます。せめて去年のコピーを残しておいたり、データで残しておけばよいのにね。

おかざき:そのあたりの良いライフハックないでしょうかね。

こゆき:結局、今年もデータを残さないまま終わりました。あと書類には付き物の年代ですが、私は毎回、毎回「今は西暦何年? 」というのを思い出すところから始めないといけないんです。

おかざき:わかります。だから私は大きく書いて貼っていますよ。平成のときも何年というのを大きく書いて貼っていました。やはり資料を書くたびに忘れているので(笑)。

こゆき:なるほど! 貼っておくのは良いですね。子供の出生体重とかね。これは母子手帳を探すところから始めます(笑)。

おかざき:そこはね、保険証や母子手帳など、子ども関係のものは全て同じところに入れておくと良いですよ。私は本当に忘れちゃうので、すぐに取り出せるところに置くことにしています。あちこちにしまうとまたそれも忘れるので、全て同じところにというのがポイントです。

ok (4)

こゆき:細かいライフハックがいっぱいありますね。

おかざき:3人いるとややこしくなるからというのが、自己流のライフハックにつながっているのかもしれないですね。ただ、私の今一番の悩みは「中学生の息子がプリント類を出さない」ということです。学校から配布された予定表や手紙を徹底して出さないんですよ。

心の底から何度も怒りましたが効果なし! だから……これはある意味ライフハックなのかな? とうとう息子の学校の役員になりました!

一同:えー!

こゆき:お忙しいのに!

おかざき:クラスのグループと、部活のグループと、そして役員のグループ。どのグループにも必ず一人しっかりしたお子さんのママがいらっしゃるので、情報がキチンと入ってくるんです。最近はSNS上でお手紙を写真にとって、アルバムに入れておいてくれるので、それを「ありがてー! 」と言って、いつも活用させていただいています。

――役員になるという、まさに究極のライフハックですね。

おかざき:本当ですね(笑)。

こゆき:私はお手紙の写真をひたすらライングループに保存している側です。私は自分のためでもあるんですよ、失くしてしまうから。聞かれることが何度かあったので、お手紙をもらったときに撮っておいてついでに載せておけば、こちらも聞く方もお互い気を使わなくて良いかなと思って。

おかざき:ありがたいです。私はそれを川下で恩恵にあずかっている側なので。流れてくる桃を、ありがてぇ、ありがてぇって言いながらいただいている(笑)。本当にありがたいです。

――最近、ママ同士のSNS上での問題はネガティブなものもよく耳にするのですが、情報を共有して役立てるのであれば良い使い方ですよね。

こゆき:雑談が多すぎて負担になる方やしんどいという方もいるだろうし確かに難しいですよね。単純に事務的なことであればみんなの役に立ちそうですが。

おかざき:SNSがないと、私はどうなっているかわかりません。今日も本当は保護者会だったんですよ。でもその手紙を出さない息子のおかげで、知らなかったんです! これからもありがたく情報をお聞きしたいと思います。


始めから終わりまで、ずっと笑顔のおふたり。こちらも終始笑顔でお話を聞かせていただく楽しい対談となりました。

コミカルなタッチと充実の内容かつ実用的なエッセイでは、子どもが喜ぶお弁当作りをご自分も楽しんでいるかわどうこゆきさん。そして、女性の繊細な心情やアートのような迫力ある作品を描き続けるという多忙な中、お子さまの学校で役員までこなされているおかざき真里さん。おふたりの働くママの日常をのぞかせていただいたことで、次の作品もさらに楽しみになりました!
 

chacha_shoei_obi.2jpg

超実践的コミックエッセイ
『毎朝、悩まない! ちゃちゃっと弁当』
かわどうこゆき 著
2019年2月28日(木)発売!
定価: 1100 円(税別)
https://www.amazon.co.jp/dp/483873039X

おかざき真里先生003

おかざき真里

月9ドラマにもなった、広告代理店での自身の経験を元に描く「サプリ」の連載中に3人のお子さんを出産。子どもとの日常を描いた育児マンガ「ひねもす暦」は、ほんわか、ホロリなエピソードや「あるある!」という共感ポイントがいっぱい! 最近では最澄と空海の生涯を豪快に描く「阿・吽」が話題を呼んでいる。

profile

かわどうこゆき

Hanakoママウェブでの連載中、4万人が「いいね! 」したことでも話題を呼んだ、超実践的コミックエッセイ「毎朝悩まない! ちゃちゃっと弁当」の著者。「簡単に彩りがよくなる!お弁当4原色」や「これだけ覚えれば弁当ができる! 厳選ド定番おかず12品」など気軽に作れる内容のお弁当本が人気。女の子2人のママでもある。

Part3はこちら:【働くママ対談 おかざき真里×かわどうこゆき】大丈夫! 今の悩みは永遠に続くわけではない! ~Part3~

文・写真◯木村一実