働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

絵本×ダンス s**t kingzのオリジナルダンスも楽しめる踊る絵本『あの扉、気になるけど』ってどんな本?(前編)

2019.05.23

中目黒どろんこ保育園で、園児たちと即興ダンス!
~s**t kingz初プロデュースの踊る絵本『あの扉、気になるけど』発売記念イベント~

世界で活躍するダンスユニット【s**t kingz(シットキングス)】による初めての絵本、『あの扉、気になるけど』が5月16日にマガジンハウスから発売されました。お話だけでなく、s**t kingzオリジナルのダンス動画も楽しめるという、未だかつてない新感覚の絵本です。
この発売を記念して、同日、中目黒どろんこ保育園(東京都目黒区)の園児たちと即興ダンスに挑戦する、交流イベントが開催されました。

絵本

中目黒どろんこ保育園は、畑仕事やヤギ、にわとりの世話を体験したり、裸足保育や異年齢保育、機会を排除しない保育にこだわって、子どもの“にんげん力”を育てる保育園。

イベント会場となった園内のホールに入場してきた年長の園児たちは、いつもと違うホールの様子に興味津々。プロジェクターに映し出される、『あの扉、気になるけど』のお話に熱心に見入っています。

絵本
『あの扉、気になるけど』のお話の一部を紹介。みんなお話に引き込まれています。

そこへ登場したs**t kingzのメンバー、shojiさん、kazukiさん、NOPPOさん、Oguriさん。
4人は、絵本にも登場する、ネコ、ニワトリ、ロバ、犬をイメージさせる衣装で登場。
リーダーの shojiさんから「みんな、絵本好き~?」の声に、元気な声で「はーい!」。
「じゃあダンス好き?」の問いかけには、一瞬の間が。ダンスってカッコイイけどちょっと難しいと思われているのかもしれませんね。

でも、大丈夫。 s**t kingzのみなさんが、「ネコー!」と言ったら走る、「ロバー!」と言ったらゆっくり歩く、「イヌー」と言ったら四つん這い、「ニワトリー!」と言ったらピョンピョンジャンプ。単純な動きからスタート。最初はもじもじしていた園児も、歓声をあげて跳んだり跳ねたり走ったり。

そして、最後に、ネコ、ロバ、犬、ニワトリの動きを音楽と合わせたら? あ~ら不思議! なんだかダンスになっちゃった。

_DSC4214
「ネコは走るよ~!」の声に、園児たちはパワー全開、笑顔いっぱい。楽しく動きまわっているうちに、なんだかダンスができちゃった!

「子どもたちにダンスの楽しさを伝えたい!」というメンバーたちの想いは通じたようです。
最後はみんなに絵本をプレゼントして、さようなら。
おうちで、パパやママに読み聞かせてもらってね!

集合写真
中目黒どろんこ保育園の25人の子どもたちと即興ダンスを楽しんだ、s**t kingzの皆さん。最後に参加してくれた園児たちに絵本をプレゼント。
絵本
絵本中身
kazuki、NOPPO、Oguri、shoji の4人を彷彿させるネコ、ロバ、犬、ニワトリのキャラクターが、「あの扉」に向かって大冒険の旅に! まるでシッキン版「ブレーメンの音楽隊」

後編はこちら

s**t kingz(シットキングス)
shoji、kazuki、NOPPO、Oguri の4人で構成される世界が注目するダンスパーフォーマンスユニット。4人が出場したアメリカ最大のダンスコンテスト「BODY ROCK」では、2010 年、2011 年と連続優勝。世界各国からオファーが殺到し、これまで20 カ国以上を訪問。オリジナルの舞台公演には毎回大好評、日本全国からファンが殺到する。また、個々の活動のほか、AAA、BoA、E-girls、Hey! Say!Jump、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、SHINee、SUPER JUNIOR、関ジャニ∞、東方神起、三浦大知など、多くのアーティストの振付なども手がけている。http://shitkingz.jp/
文○石井栄子