働くママのウェブマガジン

Kids最新の子ども情報をピックアップ!

ポップコーンはどうして膨らむの?子どもと作りながら観察してみよう!

2019.07.03
ポップコーン1

子どもから大人まで、みんなが大好きなポップコーン。
映画館やテーマパークなどでよく売られていますが、自宅で簡単に好きな味のポップコーンを作れるって知っていましたか。
ポンポンと勢いよく弾けて膨らむポップコーンですが、いったいどういう仕組みで膨らんでいるのでしょうか。
それでは、ポップコーンが膨らむ仕組みと3つの味の簡単手作りポップコーンの作り方をお伝えいたします。

ポップコーンがはじける仕組み

f0faca15f25f1cd93d0ebd984af70d69_s

ポップコーンになることができるのは、とうもろこしの中でも爆裂種という種類のみです。
私たちが普段食べているスイートコーンではポップコーンにはなりません。
爆裂種のとうもろこしを乾燥させたものを加熱することで、ポップコーンが出来上がります。
爆裂種の粒の皮は非常に硬くて分厚いのが特徴で、内側の中心部分には柔らかくて水分を含んでいるでんぷんが入っています。
この粒に熱を加えると、内側の水分が水蒸気になって膨らもうとしますが、固くて分厚い皮に覆われているため、なかなか水蒸気になれず膨らむことができません。
圧力鍋と同じような状態ですね。
しかし、さらに熱が加えられることで水蒸気になろうとする圧力が高まり、皮が圧力に耐えられなくなって一気に爆発して中心部の白いでんぷんが膨らんで出てきてポップコーンになるというわけです。

ポップコーン(チョコ風味、のり塩味、カレー味)の作り方

ポップコーン3

【材料(3人前)】
ポップコーン用とうもろこし・・・50g
オリーブオイル・・・大さじ2
< チョコ風味>
ココアパウダー・・・小さじ1
砂糖・・・大さじ1
< のり塩味>
青のり・・・小さじ1
塩・・・小さじ1/3
< カレー味>
カレー粉・・・小さじ1/4
塩・・・少々

【作り方】
①底の深い大き目の鍋に、オリーブオイルとポップコーン用とうもろこしを入れて良くかき混ぜる。
②蓋(できれば中が見えるガラス蓋)をして鍋をゆすりながら中火で加熱する。
③ポンポンと弾ける音がしてくる。10秒ほど音がしなくなったら火を止める。
④出来たポップコーンを3等分に分けて袋に入れ、チョコ風味、のり塩味、カレー味それぞれの調味料を加えて振りまぜて全体にまぶす。

最後に

ポップコーン4

ポップコーン用とうもろこしは、スーパーや100円ショップでも購入できますよ。
ポップコーン用とうもろこし50gで、中サイズの鍋から溢れそうになるくらいたくさん出来上がります。
出来上がったポップコーンを良く見てみると、白い部分がとうもろこしの中心部分にあったでんぷんで、茶色い皮も破れた状態でくっついていますね。
子ども達が観察すると、タコさんや熊さんやうさぎさんなどの形に見えるそうです。
ポンポンと弾ける音で作るのも楽しく、食べても美味しく、リーズナブルなのでお財布にも優しい手作りポップコーンを、親子で作ってみてはいかがでしょうか。
夏休みの自由研究にするのもよさそうですね。

14

阿知和 梨香(あちわ りか)

食育アドバイザー
子ども料理教室「食育クッキング」代表。大手食品メーカーで10年間商品開発を担当し、数多くのヒット商品を発売。現在は子ども料理教室「食育クッキング」を主宰する傍ら、保育園で食育授業をしたり、自治体主催の食育講座の講師を務めたりと多方面で活躍中。
食育クッキングHP:https://shokuikucooking.jimdo.com/
食育クッキングInstagram:https://www.instagram.com/shokuikucooking/