働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

懺悔日記では触れてこなかった楽しき思い出にフューチャーした「おつかれ日記」が開始【おつかれ手帳】

2019.07.11

懺悔日記連載・出版から数年、すっかり元気な著者藤田あみいですが、それでも育児や生活は誰だって一筋縄ではいかないもの。日々必死で生きているお母さんたちのために懺悔日記では触れてこなかった楽しき思い出にフューチャーしていこうという試みそれがおつかれ日記です!


懺悔日記の際には鬱々とした気持ちを吐き出し、時にはみなさんを元気付けるところか落ち込ませてしまったこともあったと思います。色々な意見があった中で、個人的にメッセージをくれる方が割といらっしゃって、当時の私と似たような気持ちを吐露してくれることにより、キツかったけど書いてよかったという気持ちになりました。娘も私も夫も元気です。今現在進行形で辛い方が1日も早くなにか腑に落ち、元気になれたらいいなと願い続けています。一人ではないので、頑張ろう。泣いても笑ってもお母さんがそばにいるだけで子供は嬉しいものだと聞きました。泣いたり怒ったりしているお母さんの姿をみて、子ども自身も泣いたり怒ったりできるようになるらしいのです。なのでお母さんは変わらなくてよくて、ただ側にいてあげればいいんですって。だから、それだけ頑張ろう。

娘は五歳になりました。毎日保育園に通っています。朝は行きたくないとグズるのが常ですが、夕方に迎えに行くと「ママもうちょっとだけ遊んでいい!?」と遊びの延長を強請ることが多いです。スッと帰ることの方が少ないですね。友人も沢山できているようで、喧嘩したり笑いあったりしながら楽しく過ごせている様子です。さすが五歳。だいぶ色々なことが楽になりました。あと、習い事も頑張っています。決して親が推し進めているわけではないのですが、本人がとても希望していて、バレエとピアノとチアリーダーを習っています。この習い事が厄介で、特に踊る系のものは教室に鏡が張り巡らされていることもあり、娘はギャルのごときポージングをしながら鏡の中の自分に見とれていることが多く、でも踊るタイミングでは足並み揃えてちゃんとやっているのでまあ良いのかな…と。色々これでええんかと思うことはありますが…。ピアノの時も例に漏れず、ピアノに映る自分の姿をみてポーズを決めている時があります。自分が大好きななのでしょうかね。それ自体は悪いことではないように思いますが、本分である習い事自体にやる気がないとみなされかねないので注意が必要なパターンですね。というわけで親はチクチク小言をいいつつ、そんな感じで習い事も頑張っています。

おつかれ手帳

一方私ですが、未だに体調が悪くなるのが怖いので心療内科に月一で通い、ちょこっとだけ薬を服用しています。この薬をやめるタイミングがめっちゃくちゃ難しくて、急にやめますと、とんでもなく体調を崩します。一度、夫の実家に帰った際に義母のご飯が美味しすぎてマジで食べ過ぎまして、その後にニンテンドーSwitchのマリオカートを娘としましたところ、猛烈に気持ち悪くなり、帰省初日の夜に嘔吐しまして…その日の分の薬をもう飲んでしまっていたのですが、翌朝目を覚ますと、ものすごく頭がグワングワンしまして、なんというのでしょうか、考えが体の上に飛んでいってしまうような感じといいますか…とにかくこれはやべえ、となりました。また夜に薬を飲む時間がくるまでは、耐え忍ぶような感じで過ごしました。というわけで薬を急にやめるというのは無理なのです。薬は急にとめられない。MAXに飲んでいた時は7錠くらいだったでしょうか…半年くらいかけて一個ずつ一個ずつ減らしたりしているので、なかなか0にはならないのです。まあ薬を飲んでいたとしても体調さえ良ければもうどーでもいーやという感じなのですがね。無理に0にしよう!と焦らないでいきたいと思っています。

夫は仕事が忙しいのですが、あんなこんなの懺悔日記で書いたことがあったあとは、8時くらいには帰宅してくれるようになりました。帰宅後も仕事をしている日が多いですが、随分無理して交渉してくれたのではないだろうかと推察します。仕事のことはあまり語りたがらないので私が知っていることは家に帰ってきた後のことぐらいですが…。夫はありがたいことにめちゃくちゃ子煩悩で、娘のことをこれ以上ないくらい大事にしてくれています。色々な経験を娘にさせてくれようとしているのを感じます。妻にももう少し優しく接してくれると嬉しいのですが、きっと不器用なんですねっ。とはいえ、いままでしてきてくれたことの恩もとても感じますのでありがたい存在だなあと思って崇めています。

あとはうちにはみみ子という犬ちゃんがいます。ミニチュアダックスフンドとチワワの合いの子で、黒いボディに茶色い麻呂眉が特徴の女の子です。うちに来たのは娘が3歳過ぎくらいだったでしょうか。基本在宅の仕事が多い私のそばでずっと愛嬌を振りまいておりますので、大変な癒しとなっていますよ。我が家には欠かせない存在です。

というわけで基本的に毎週更新でなにやらかにやら書いていこうと思っています。なんてことのない日々ですが、当たり前ではない。相変わらず毎日つけている日記を元に、昔のことから今のこと、そして未来のことまで書いていけたらいいなと思っています。どうぞご贔屓に宜しくお願いします。

profile

藤田あみい(ふじた・あみい)

漫画家・イラストレーター・エッセイスト。 「無印良品の家」のウェブサイトで「ぜんぶ無印良品で暮らしています~三鷹の家大使の住まいレポート~」を執筆中。2016年に同タイトルの本を出版。現在韓国語・台湾語に訳され、幅広い層の人へ向けて発信を行っている。晋遊舎LDKにて漫画も連載中。 趣味はショッピング。夫と娘が生き甲斐。