働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

惣菜が並んだっていいじゃないか。だってママも人間だもの!【岡本ハナの「3きょうだい・ワンオペの毎日。それでも私が働く理由」】

2019.07.19

新連載が始まります!
ライター&PR業をしている岡本ハナさんは、3児のお母さん。20代の頃は読者モデルとして活躍!誌面で見たことがあるママもいるのではないでしょうか。現在では、そんな華やかな世界とはかけ離れ、3人の子育てはほぼワンオペ育児。加えてワーママなのでテンテコマイの毎日なのだとか。この連載では、自虐的だけど底抜けに明るいハナさんの子育て&働く毎日を綴っています。


Vol.1 我が家の3きょうだいは「惣菜育ち」



はじまして!岡本ハナです。

7歳長女(小2)、3歳長男、2歳次女の3人きょうだいのママ。普段は、ライター&PR業をしています。いわゆるワーママでさらにワンオペ育児なのですが、割といい感じでゆるりとやっています。



早速ですが、ゆるっと育児のポイントその1!

我が家の食卓は、毎度スーパーなどで購入した惣菜が並びます。



私の中では、一汁三菜ならぬ「一もずく一納豆一ミニトマト一菜」がデフォルトメニュー。ほら、累計4種は同じでしょう。似たようなもんだ。


もずくはさっぱりしていて汁のごとくグイグイ飲めるし、納豆はこどもウケ抜群だし、ミニトマトはフルーツ感覚で一人に勝手に食べてくれるから、食事の介助まで手がまわらない我が家には超絶マッチしている食材たち。 ちなみに、まだちゃんと噛めない赤ちゃんの時期は、ミニトマトは半分に切ることが鉄則!



はじめましてなのに、自慢にならないことを堂々と口にしていてスミマセン。驚かれた人もいるでしょう。


でも、本当に夕食の支度って大変。子ども達を保育園にお迎えに行ってから夕食の支度をするにしても、作るものにもよりますが30分から1時間くらいかかるわけ。そんなの子ども達も待ってられない……。本当に限界の時は、3歳児の長男なんかは食パンの袋を破り開けて、両手で食パンを食べて飢えをしのいでいます。その食べっぷりは、それはもう超ワイルド野郎!


そんなわけで、我が家は帰宅後すぐに子ども達を手洗い・うがいを兼ねてそのまま入浴させちゃいます。ササッと体を洗ったら湯舟にイン!子ども達が遊んでいる間に、私は買ってきた惣菜をお皿に並べるだけで夕飯の支度は完了!楽ちん~!!

※お湯は溺れないように水位を低くしています。あと、こまめに見ていますのでご安心あれ。


惣菜プレート

夕飯の支度が終わったら、湯舟で遊んでいる子ども達を迎えに行って着替えのお手伝い。終わったらすぐ夕食を食べることができるので、食パンを食べ散らかしたあとの片付けなど無用!←地味に大変だったりする。



夕食が食べ終わる頃には既に20時頃になっているわけだから、子ども達も夕食少し遊んだらもう眠たくなっていて、ちょうどいいあんばい。


ちなみに、この夕食後のお遊びタイム中に、わたしはさっとお風呂を済ませちゃいます。

それから、21時頃にはお布団に入ってダラダラ今日1日の話をして、21時半か22時には寝ちゃう。


と、書き出してみると困難なくスムーズで穏やかな時間に見えがちですが、実はゆるっと見えてこれでもギリギリのスケジュール。


食後カオス

なので、仕事をしている限り自分の中で大切にしていきたいことは「効率よく」「なるべく楽に」ということ!

夕飯に関しては、夜中に作り置き料理をしていたこともあったけど、けっこうストレスになったりも……。子ども達を寝かしつけた後は、食洗機にぶちこんだお皿を食器棚に戻したり、毎日わいてでてくるような大量の洗濯物をたたんだり、子ども達が起きないように静かに掃除機をかけたり。さらに、3人の連絡帳を見たり翌朝の支度をしたりするだけど、あっという間に時間が刻々と過ぎていってしまうんです。 これで作り置き料理なんてしていたら、わたしはいつ寝るんだろうって。死ぬよ……。


朝は朝で、小学生のお姉ちゃんを送り出して、下の2人を保育園に送っていくだけで精一杯。なんなら、朝の片付けは夜に後回しというギチギチなタイムスケジュールです。

そんな我が家には、手作り料理を毎日食べるなんて夢のまた夢のさらに夢!!


そうそう、お仕事関係で同じくワーママの方からお褒めの言葉を頂きました。

「ハナさんってよくお惣菜がメインだなんて言えるよね。今はもはや映える写真をインスタアップしたり、キラキラライフを見てほしいって人ばかりいるのに……。でも、ハナさん見ると安心しちゃうんだよね。だって私も同じだから」と言っていました。


あれ?これって褒めてるよね?うん、褒めてるって思おう。



栄養面のことは気にならないって言ったらウソになるけど、何も食べなかったりお菓子を食べまくるよりいいと思っています。それに、ありがたいことにお昼は小学校や保育園で美味しくて栄養満点の給食を食べているわけだから、安心しているのもあるのかも。あと、たまに来てくれるばあばの温かい手料理も安心している理由のひとつ。


子ども達もママのことをよく理解しているのか、食べたいものがあると「からあげつくって」ではなく「からあげ買って」というリクエスト。笑

ちなみに、ばあばには「つくって」とリクエストしています。本当によく分かっている。エライぞ!


そんなわけで、手を抜けるところは抜いて(かと言って抜きすぎているわけではなく)、心にゆとりを持ちながら、ゆるっと育児を心がけています。そんなスタンスを持ったのにもきっかけがあるのですが、それはまた次の機会に……。


ワーママも専業ママも、ひとりっこママも。みんなママ同士だからこそ共感できることがあるはず!

切羽詰まっているママも、思わずクスリと笑える私の実体験を、徒然なるままに書き留めていこうと思っています。どうぞよろしくお願いいたします~。



岡本ハナ


joycas所属(ライター/キャスティング&PR)。1983年フィリピン生まれ。1男2女とヒョウモントカゲモドキ(♂)のママ。大学卒業後は輸入代理店で美容商材のPRを担当後、大手広告代理店でキャスティング事業部の立ち上げやインフルエンサーマーケに携わる。カメライターの師匠のもとライティングを学び、現在は明るいオカンキャラを武器に体当たり取材やインタビュー記事を担当することが多い。ワーママ&ワンオペ育児に奮闘する毎日。

Instagram : 8888hana8888