働くママのウェブマガジン

Education教育

芦田愛菜さん、初めての単行本『まなの本棚』本日発売! 7月18日おすすめ100冊を紹介!本に囲まれて育ったこと、両親の読み聞かせが、本を好きになったきっかけ

2019.07.18

「Mother」では迫真の演技で虐待される子どもを演じ、「マルモのおきて」では、愛くるしい姿を見せてくれた芦田愛菜ちゃんも中学校3年生。今回は大の読書好きとしても知られる愛菜ちゃんが、初の単行本『まなの本棚』を出版しました。愛菜ちゃんのおすすめ本、約100冊が紹介されています。ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授、小説家の辻村深月さんとの対談も収録。
どんな本なのか、どういう人たちにどんなことを伝えたいのか、愛菜ちゃんに聞いてみました!

★_DSC1832

好き過ぎて人には教えたくなかった本も紹介しちゃいました!

――はじめての出版、おめでとうございます! 本ができたときってどんな気持ちでしたか?

純粋に嬉しいです。自分の、本に対する思いが形になって、その本が、今、自分の手の中にあると思うとすごく嬉しいです。

――どんな本が紹介されているのですか?

今まで読んできた本の中ですごく印象に残っているものを紹介しています。小さいときに両親に読み聞かせをしてもらってずっとお気に入りの本、友達と貸し借りしたり感想を言い合ったりした思い出深い本、ページをめくるのももどかしいほど引き込まれた本、好き過ぎて人には教えたくなかった本も紹介しちゃいました(笑)。

――どんな人に読んでもらいたいですか? 伝えたかったのはどんなことでしょうか。

本が好きな人はもちろんですが、今まであまり本を手に取ったことのない方にも読んでほしいです。この本をきっかけに、本って面白そう、読んでみようかなと、少しでも興味を持ってもられたら嬉しいです。

自分で自由に物語の世界を創り上げられるのが本の魅力

――愛菜ちゃんにとって本の魅力って何ですか?

いっぱいありすぎて……(笑)。本の匂いもすきですし、手に持った感じ、ページをめくるときのわくわく感……。語り出したら止まらないですね。

一番の魅力は、情報が文字しかないから自分で自由に想像を膨らませて物語の世界を創り上げられることだと思います。本の読み方に正解はなくて、人それぞれが好きなように想像できることもいいですね。

今回、100冊を選ぶときに、前に読んだ本をもう一回読み返してみたのですが、子どものときに読んだ印象と、今になって読んだ印象が全然違っていてびっくりしました。たとえば『おしいれのぼうけん』(古田足日・田畑精一作/童心社)は、登場人物のねずみばあさんという怖い登場人物がいて「怖い話」という印象が強く残っていたんですが、大きくなって読んでみると、二人の男の子の友情物語だったんだと気づいたり。読む年代によって違う発見があることも本の面白さだと思います。

それと、本ってストーリーを楽しむだけでなくて、友達と感想を言い合ったり、好きな本の話で盛り上がったり、コミュニケーションツールでもあると思うんです。年齢とか、立場の違う人とも本を通じて出会えたり、話し合えたり・・・、それも本の魅力だと思います。

★_DSC1857

憧れの人に会えたのは本のおかげ

――出会いと言えば、『まなの本棚』の中で、山中伸弥教授、辻村深月さんと対談していますね。実際に会ってお話をした印象はどんな感じでしたか?

お二人ともずっと会いたかった憧れの人で、すごく感動しました。山中先生には、本のお話をたくさん聞かせてもらって、京都大学iPS細胞研究所も見学させてもらって、とても貴重な経験をさせていただきました。辻村さんは、『ツナグ』という本で初めて知って、私にとっては神さまみたいな人で、会えるとは夢にも思っていませんでしたが、本がきっかけでお会いすることができました。本をいっぱい読んできてよかったなって思いました。

子どものときの読み聞かせが本を好きになったきっかけかも

――そもそも本を好きになったきっかけって何なのですか?

物心ついたときから常に本が身近にあって、読書は私にとって歯磨きをしたりお風呂に入ったりするのと同じくらい日常的なことなんです。あらためて、きっかけはと考えると、ちょっと思い浮かびませんが、両親に読み聞かせをしてもらったことは大きいと思います。

――『まなの本棚』では、好きな登場人物も紹介されています。愛菜ちゃんの好みが垣間見えて面白いですね。

本を選んでみて、自分でも初めて気づいたのですが、女性では、『風と共に去りぬ』(マーガレット・ミッチェル作/鴻巣友季子訳/新潮文庫)のスカーレット・オハラとか、『ハケンアニメ』(辻村深月作/マガジンハウス)の有科香屋子とか、しっかりと目標を持ってがんばっている自立した女性が好きみたいです。

――小社刊の『ハケンアニメ』を取り上げてくださってありがとうございます!(笑)

『ハケンアニメ』の有科香屋子が、アニメの現場で奮闘する姿はまさに憧れです。しかも、仕事ができるだけじゃなくて、いろいろ周りの人のことも考えて気配りができる繊細さもあるんです。かっこよくて、お手本にしたい人ですね。

本が身近にある環境を作ってくれた両親に感謝しています!

――こうしてお話をしていると愛菜ちゃんはまだ中学生なのに言葉もたくさん知っていて、自分の考えを言葉にするのがとても上手ですね。これも読書のおかげでしょうか。お勉強や、お芝居のセリフを覚えるのにも役立ちますか?

私は本が大好きでこれまで1000冊以上の本を読んできましたが、読書をしたら何かができるようになる、とかを考えたことはないですね。

でも、気がつかないうちに、そのたくさんの本との出会いが今の私の土台になっているんじゃないかなと思います。なので、常に本がある環境を作ってくれた両親には本当に感謝しています。

――もし自分でも小説を書くとしたらどんな本を書きたいですか?

スポ根ものを書いてみたいです。団体競技で、みんなでがんばって強くなっていくような。そんなお話を書いてみたいです。

――ぜひがんばって書いてください。楽しみにしています!

○『まなの本棚』
https://www.shogakukan.co.jp/books/09388700
mananohondana

こちらもおススメ!マガジンハウスの本

○『ハケンアニメ』
https://magazineworld.jp/books/paper/7100/
辻村深月さんの本。愛菜ちゃんの本で紹介されています。

hakenanime

○『わが子のやる気の育て方』
https://magazineworld.jp/books/paper/2952/

wagakonoyaruki

芦田愛菜ちゃん、鈴木梨央ちゃん 寺田心くん所属。No.1子役タレント事務所・ジョビィキッズの子育てメソッド大公開。

写真 ◯中島慶子(マガジンハウス) 取材・構成 ◯石井栄子