働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

ママも嬉しい『洗えるスーツ』の時代が到来!

2019.08.29

今、“第2のスーツ”といわれるクールビズの次にくる“第3のスーツ”がきています。それを言い換えるならば“洗えるスポーツスーツ”。

スーツなのに“洗える”? ビジネススーツなのに“スポーツ”? と思った方は、ぜひチェックしてみてください。スーツをケアする立場としても嬉しい情報です。

■今、スポーツスーツがトレンド!

aoyama01
【参考】AOYAMA × DESCENTE「スタイリッシュスーツ」

ビジネスパーソンが着るスーツといえば、これまで普通のスーツ、クールビズといった種類がありましたが、近年は「スポーツスーツ」というカテゴリが登場しています。

これはスポーツをするように柔軟に動けるスーツのこと!

働く男女向けともに、アクティブに動けるのは、さまざまなシーンで働く時代に合っていますよね。

今、このスポーツスーツと呼ぶべき新しいスーツが、各スーツメーカーやスポーツメーカーから数多く登場しているのです。

■スポーツスーツの特徴とは?

このスポーツスーツには、どんな特徴があるのでしょうか? 着る側はもちろんのこと、実は、スーツをケアする立場にとって、嬉しいポイントがあるのです。その主な特徴をみていきましょう。

1.動きやすい・ストレッチ性がある

mizuno01
【参考】ミズノ「ムーブスーツ」

「スポーツスーツ」と呼ぶ理由は、スポーツウェアのように体を動かしやすいように立体裁断パターンを使用したり、伸縮性のある生地を選んだりしているから。
例えば、一般ビジネスパーソンであれば、走ったり、電車のつり革をつかまるときに腕を高く持ち上げたりしたりしたときに、スーツが突っ張る違和感を覚えたことがはず。スポーツスーツでは、そうした違和感をできるだけ軽減し、人間の動きに合わせた作りが採用されています。
見た目はもちろん、一般的なスーツと変わらないものの、ストレッチ素材ともうまくあわせて、人の動きを妨げないスムーズな動きを実現するスーツになっています。

2.洗濯機で洗える

mizuno02
【参考】ミズノ「ムーブスーツ」

特に今年の夏は猛暑で、スーツを着たまま満員電車に乗ったり、外をちょっと歩いたりすればすぐに汗をかいたものです。クールビズでジャケットは着ていなくても、ズボンは汗だくに、なんてことは多かったのでは?
そんなとき、このスポーツスーツの場合、まるでスポーツウェアのように洗濯機で丸洗いが可能なことがほとんど。洗っても型崩れしにくいように作られていることも多く、安心して洗えます。これは家族のスーツをケアする担当のママであれば、わざわざクリーニングに出さなくても自分で洗えるので便利ですね。

3.通気性がある

通気性にもこだわっているスポーツスーツは多いです。暑い日は特にありがたいもの。通気性のある生地が採用されていたり、メッシュの裏地が採用されていたりします。

4.細かな機能性がある

スポーツスーツならではの細かな機能性も盛り込まれています。例えば、ジャケットのエリを立てると暗闇でも光る「リフレクター」で夜道を歩くときの安全性が考えられていたり、ファスナー付きポケットが採用されており、アクティブに動いてもポケットのペンや手帳が落ちないように工夫がされていたりします。

aoyama02
【参考】AOYAMA × DESCENTE「スタイリッシュスーツ」

スポーツスーツと一口にいっても、各メーカーごとに細かな特徴や機能性が異なりますが、これらが主な特徴となります。

パパのスーツや自分のスーツの汗や汚れが気になっているものの、なかなかクリーニングに出しに行くチャンスがない!なんて状態になっていませんか? そんな家庭には丸洗いできるスポーツスーツで家事も楽になるかもしれません。

【参考リンク】
「AOYAMA × DESCENTE」
http://www.aoyama-descente.jp/

「MOVE SUIT」
https://www.mizuno.jp/baseball/products/movesuit/

文〇石原 亜香利