働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

人間関係って複雑だなあ。そんなことにも気づくようになった頼もしい娘【おつかれ手帳】

2019.09.11

懺悔日記連載・出版から数年、すっかり元気な著者藤田あみいですが、それでも育児や生活は誰だって一筋縄ではいかないもの。日々必死で生きているお母さんたちのために懺悔日記では触れてこなかった楽しき思い出にフューチャーしていこうという試みそれがおつかれ日記です!


娘はただいま5歳という事で、だんだん体当りのみコミュニケーションだけではなく、嘘をついたり裏をかいたりなんてこともできるようになってきました。娘だけではなく、まわりの子どもたちも同様です。みんな成長し、口から出た言葉が必ずしも真意ではないということが増えてきたように思います。

娘は基本的にものすごく社交的でして、初めて会う子とも一瞬で友だちになってしまいます。前回の連載、「懺悔日記」では、よその人に「人見知りしないね」といわれたことをきっかけに、何かおかしいのではないか?と落ち込んでいく自分、というのを書きましたが、今現在は娘の全く人見知りをしない所ってとんでもない「長所」だったのだなあと思っています。すぐに友達をつくるし、どこにでも飛び込んでいけるし、いつも自信に満ち溢れているようにみえます。なので、うちの子人見知りしないのよね…変なのかしら…と悩んでいるおかあさんがいらっしゃったら、後々めちゃくちゃ堂々と生きていけるからむしろ長所だと思いますっ!とお伝えしておきたいと思います。あの日の自分にも教えてあげたいな…。

そんな頼もしい娘ですが、ある日すこーし落ち込んで帰って来ました。「優太くんがね、私のこと嫌いなんだって」。

あら、あの元気でおしゃべりな優太くんが!?もうそんな人間関係で悩む年頃なのね!?と思いまして、やはり親としてもちょっぴりショックを受けて「そうかあ、どうして嫌いなのかは聞いた?」と尋ねました。娘はううんと首を横に振り、「でもね、もしかしたら私が約束破りをするからかもしれない」と。何の約束を破ったの?と聞いたら「一緒にあそぼうって言われるんだけど、途中から違う子と遊んじゃったりするからかも」と言って悩ましげな表情をうかべる娘。
どう答えようか考えていたところ、話終えた次の瞬間くらいに「ママっおしり探偵見たいっっっ!」と悩みをすぐさま忘れ去ったようで、私からのアドバイスには至らず…しばらくは娘もそのことを忘れているように見えました。(私は気にしないようなふりして結構気にしていました…多分。)

優太君は同じクラスの男の子で、とても活発な印象の男の子。前に優太くんのお家に遊びに行ったこともあるので、お母さんのこともよく知っているし、優太くんが大体どんな子かわかっています。まだ共に幼いので、好きだの嫌いだのって揉めるのもいい経験だなぁくらいに悠長に思ってはいたのですが…
そんなある日娘とふたりで歩いていたら優太くんのお母さんとバッタリ出くわしました。

あら〜なんかお久しぶりですね、などと世間話をしていたら突然娘が
「ねえ優太くんのママ、聞いてもいい?優太くんがね、私のこと嫌いなんだって。多分私が約束破りをするからなのかもしれないけれど、優太くんは私のこと嫌いなのかな?」と親たちの会話を切り裂くように質問し始め、ものすごく焦りました。

優太くんのお母さんは「えっそうなの!?ごめんねっ」と言い、しばし口に手をやって考え込み、こう言いました。
「実はね、優太くんね、家であなたのお話ばっかりしてるの。多分、本人は気付いていないんだけど、優太くんの初恋なんだと思うよ」

初恋…!!!なんていうエモーショナルな言葉でしょう。優太くんはおそらく、娘のことを嫌いではないんじゃないかな、というのは頭では薄々わかっていたのですが、よもや「恋」であったとは驚きました。恋、気づかない恋。本人が意識しないほどの恋。子どもたちの人生は始まったばかりで、輝かしい未来に嫉妬すら覚えそうです。なんて煌めいた言葉なのでしょう。初恋。

娘はその答えを聞いてもうどうでもよくなったのか優太くんのお母さんの自転車のベルをチリンチリンチリン!と暴走族のごとく鳴らしまくっていました。

唐突に解ける謎、嫌いの裏側にあったのは好き。娘がその答えを聞いて納得できたのかはわかりませんが、帰宅後「初恋ってなあに」と聞いてきたので、好きな人を見ると胸がドキドキすることだよと教えました。
娘は「好きなのに嫌いっていうのはダメだね」と優太くんの行動にダメ出しをしていましたが、それからは嫌いと言われても「フフン…」と流せるようになったようです。人間関係って複雑だなあ!

人間関係
profile

藤田あみい(ふじた・あみい)

漫画家・イラストレーター・エッセイスト。 「無印良品の家」のウェブサイトで「ぜんぶ無印良品で暮らしています~三鷹の家大使の住まいレポート~」を執筆中。2016年に同タイトルの本を出版。現在韓国語・台湾語に訳され、幅広い層の人へ向けて発信を行っている。晋遊舎LDKにて漫画も連載中。 趣味はショッピング。夫と娘が生き甲斐。