働くママのウェブマガジン

Kids最新の子ども情報をピックアップ!

子どもにサプリメントを与える親が増えている?!子どもにサプリメントは必要か。サプリメントの安全性とリスクについて。

2019.09.18
サプリ

国立健康・栄養研究所の調査によると、日本で幼児にサプリメントを与えている保護者は8~10%いると報告されました。
親心としてはバランスよく食べてほしいと思っていても、好き嫌い、偏食、少食、遊び食べなど、子どもの食事はなかなか思い通りにはいきません。
栄養バランスの偏りを解消するために、子どもにサプリメントを与えたいという親の気持ちも分かります。
しかし、子どもにとってサプリメントは本当に必要なものでしょうか。
今回は、サプリメントの安全性や注意点とおすすめの選び方についてお伝えします。

健康食品の分類

分類
(厚生労働省「健康食品」のホームページより)

健康食品とは、健康の保持や増進に効果があるという趣旨の食品全般のことをさし、医薬品とは異なります。
サプリメントなどの健康食品は、「保険機能食品」と、それ以外の「いわゆる健康食品」に分けられます。
「保険機能食品」の中には、消費者庁長官の許可が必要な「特定保健用食品(トクホ)」と、国が定める規格基準に従って事業者の自己認証により表示する「栄養機能食品」、安全性と機能性を消費者庁長官に届け出る必要がある「機能性表示食品」の3種類があります。
それ以外の健康食品は、制度として国で定められた基準はなく、国の許可や認証や届け出をすることなく「いわゆる健康食品」として販売されています。

安全性と注意点

安全性と注意点

先に述べた通り、サプリメントは大きく分けて、国が制度化している「保険機能食品」と、そうでない「いわゆる健康食品」が存在しています。
それでは、「いわゆる健康食品」のサプリメントの安全性はどうなっているのでしょうか。
「いわゆる健康食品」の場合、国の基準に則っていないため、事業者自身の責任で販売されており、安全性や有効性について科学的根拠が不明確なものが多く、安全であるとは言い切れません。
また、海外からの輸入品の中には、日本では認められていない成分が含まれていたケースもまれに存在し、それが発覚した場合には回収となります。
さらに、「天然」「自然」「ナチュラル」などと商品に書かれていても、それは科学的に安全であることを意味するものではありません。
あたかも医薬品かのように販売されている「いわゆる健康食品」には注意が必要です。
では、「保険機能食品」のサプリメントなら子どもが摂取しても安全と言い切れるのでしょうか。
サプリメントは不足している栄養素を補う目的で摂取されるものですが、その摂取量には注意が必要です。
「保険機能食品」のサプリメントであっても、取り方によっては健康被害が起きてしまいます。
例えば、ビタミンAの摂りすぎは食欲不振や吐き気を引き起こし、ビタミンDの取り過ぎは腎障害や体重低下を引き起こし、鉄分の取り過ぎは臓器障害を引き起こします。
個々のサプリメントの服用量を守っていたとしても、マルチビタミンのような複合型サプリメントを数種類服用していると、同じ成分を重複してとりすぎてしまい、健康被害が生じるリスクがあるのです。

サプリメントの選び方

サプリメントの選び方

体がまだ出来上がっていない子どもが摂取する食べ物は、安全性や有効性がはっきりしているものでないとリスクがあります。
また、偏食による栄養不足を補うためにサプリメントを与えても、偏食は克服せずに、大人になっても健全な食生活を送れないかもしれません。
よって、子どもにサプリメントはあまりおすすめできません。
子どもの栄養バランスが心配な場合は、まずは毎日の食事を見直すことから始めましょう。
とは言っても、思い通りにいかない子どもの食事に、栄養が足りているか心配する親心も分かります。
起こりうるリスクを把握した上で、サプリメントで子どもの栄養不足を補いたいとお考えの方に、サプリメントの選び方をお伝えいたします。

1. なるべく「保険機能食品(特定保健用食品、栄養機能食品、機能性表示食品)」表示のあるもの。
2. なるべく国産のもの。
3. 子どもが不足している栄養素に合っているもの。
4. 原材料と含有量及び製造者を確認すること。
5. 広告や口コミの情報を鵜呑みにせずに、その製品の安全性や科学的根拠に基づいた有効性を確認すること。
6. 複数のサプリメントを服用する場合は、薬剤師や医師に確認すること。

最後に

最後

特に小さなお子さんはサプリメントによる影響を受けやすいので注意が必要です。
子どもの為を思って与えていたサプリメントで健康被害を起こしては、元も子もありません。
サプリメントに頼りすぎず、バランスの良い食事で、楽しい食卓になると良いですね。

14

阿知和 梨香(あちわ りか)

食育アドバイザー
子ども料理教室「食育クッキング」代表。大手食品メーカーで10年間商品開発を担当し、数多くのヒット商品を発売。現在は子ども料理教室「食育クッキング」を主宰する傍ら、保育園で食育授業をしたり、自治体主催の食育講座の講師を務めたりと多方面で活躍中。
食育クッキングHP:https://shokuikucooking.jimdo.com/
食育クッキングInstagram:https://www.instagram.com/shokuikucooking/