働くママのウェブマガジン

Odekake今週末、どこに行く?

「SHISEIDO BEAUTY NIGHT インテグレート グレイシィ in キッザニア」に行ってきました!

2019.09.23

子どもたちが憧れの職業を本物さながらに体験できる施設、キッザニア。
先日、こちらで「SHISEIDO BEAUTY NIGHT インテグレート グレイシィ in キッザニア」が開かれました!

キッザニアといえば、”こどもが主役の街”。大人は基本的に、各パビリオンに入ることができません。
普段、子ども優先でなかなか自分の美容にまで手が回らないママたちが、子どもの遊んでいる間に、ちょっと「キレイ」を体感できたり、ぐっと気分が上がるメイクのテクニックを学べたり。そんなうれしい思いをかたちにしたのがこちらのイベント。
もちろんキッズも一緒に楽しめる、盛りだくさんな内容でしたよ!

今回は、わたしが7歳の娘と一緒に体験&学んだ内容を、みなさんにお届けします!

子どもも大人も楽しめるしかけがいっぱい!

P9106816
P9106821

最初に出迎えてくれたのは、子どもたちが大好きなスーパーボールすくい。
さすが〜!と思ったのは、キラッッキラの大玉がたっぷりはいっていたこと。女子はこのキラキラ、テンション上がりますよね!

子どもたちが夢中になっている間に、ママはずらりと並んだテスターコーナーへどうぞ!

P9106829

普段、ゆっくりコスメカウンターに行ったり、あれこれ試す機会が少ないママたちには、うれしいチャンスです!
今回のテーマともなっている「インテグレート グレイシィ」は、品のある、”大人のかわいらしさ”を引き出してくれる、メイクシリーズ。職場や家族でのおでかけ、ママ友とのコミュニケーション、義実家への訪問などなど、あらゆる日常シーンやオケージョンも丸ごと受け止めてくれるんです。

親子メイク体験コーナーも!

P9106844

ネイルとリップ、どちらかを親子で一緒に体験できます。
ネイルに興味津々の娘は、豊富なラインナップから、ヌーディーなピンクをセレクトしていました。自分でドキドキしながら塗る大人のネイル、子どもの違った表情にも出会えますよ。

P9106842

メイクのデモンストレーションで、最新メイクのコツがわかる!

そして今回のメインは、なんといっても、ママアーティストによるデモンストレーション!
どんなに「このアイテムがオススメ!」と言われても、メイクテクニックを熟読しても、やっぱりどこかピンとこないもの。でも、目の前でのデモンストレーションは、一目瞭然!

P9106849

ここでは、メイクの要となるベース作りを中心に、ママアーティストの斎藤さんがデモンストレーションをしてくれました。ご自身も小3と年長、2人のお子さんのママでもある斎藤さんならではの、「毎日電動自転車に乗っていたら、日焼けしますよね〜」「日焼け止め、塗るの忘れますよね?わかります!」という言葉に、「そうそう!」「わかってくれてる・・・!(涙)」と何度もうなずいてしまいました。

ここで、ベースメイクのポイントをご紹介!

・つい塗り忘れがでる手や腕は、下地を塗った時に一緒にささっとのばすクセをつけると、塗り忘れなし。

・ベースメイクは、BBクリーム一本で仕上げたくなりますが、肌の底力を上げてくれるのが下地!ぜひ使って。

・黒目の下あたり、目の下の三角ゾーンと呼ばれる部分が、一番カバーすべきところ。ここに「のばさず、置く!」ように重ね付けすることで、さりげない立体感が。そしてパッと明るい美肌印象に!

・ファンデーションは、必要なところ以外は塗らないのが、崩れにくいコツ。三角ゾーンを中心に塗って、フェイスラインは手に残ったものをのばす程度で OK!塗るポイントさえ押さえれば、キレイに見えるんだとか。

・アイメイクはしっかりするのに、リップメイクは忘れがち、という人はいませんか?
ツヤと血色を一度にプラスしてくれる、つまり悩みを一度に解決するのは「リップ」!忘れず塗ることで、健康的で、明るい印象を与えます。

b26mt-syerh

さらに、会場では「インテグレート グレイシィ」のベースメイク現品や、プロのヘアメイクアップアーティストのキッズヘアアレンジ体験や、ママのメイク体験が当たる抽選会も!

b8nvk-okmw1

キッズのヘアアレンジを、特別に体験させていただきました!

P9106856

伸ばしかけの我が子の髪が(しかも針金のように硬いので、いつも上手にアレンジできないのです)、こんなニュアンスのあるヘアにしてもらえるなんて、感激……!かわいいリボンもアクセントにつけてもらい、本人もご機嫌でした。

bqqv2-tmpfh

さて私も、実際にベースとリップを塗っていただきました。
どんなシーンに合わせたいかで、リップのカラーも変わります。

P9106853

わたしはライターという仕事柄初対面の方にお会いすることも多いので、好印象に明るく見えるメイクをお願いしました。
塗っていただいたのは、「エレガンスCCルージュ レッド310』。
パッと見た感じは結構赤いですが、肌馴染みがよく、くちびるだけ浮いてしまうこともなく、華やかに見えるカラーでした。なんとこちら、リップ本体は500円(税抜き)なんですよ!信じられません。(ちなみにケースは、別売りで400円・税抜き)
とにかく手に取りやすい価格、そしていつでも誰でも買える場所(ドラッグストアや、アマゾンなどでも買えます)、それなのにクオリティはとても頑張っている品なんだそうです。

最後に、ショーにも出演していたママアーティストの斎藤さんに、少しお話を伺いました。

P9106865
資生堂のママメイクアップアーティストとして活躍する斎藤さんは、小学3年生の男の子と、年中クラスの女の子のママ。

「子育てをしていると、ママが自分のためだけにキレイになろう、1人でなにかしようとすることに、後ろめたさや罪悪感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。(もちろん、そんな必要はまったくないのですが!)
だったら、母娘が一緒に楽しめて、ママは自分のケアもできる、そんなコンテンツがあってもいいよね、というのが今回の企画の思いなんです。メイクは自分自身と向き合う行為ですから、こういう時間が少しでももてることで、子どもにもやさしくできたりしますよね。特に「インテグレート グレイシィ」のシリーズは、そんな忙しくも頑張っている女性に向けて作っています。価格も抑えているので、使ったことのない色にチャレンジしたり、新しい自分を知るきっかけにしていただけたらうれしいです」

bvcwc-c2mjz

資生堂インテグレート グレイシィ公式サイトはこちら

ところで、メイクって、相手をキレイにしてあげるというおもてなしの気持ちも育むんだそうですよ。キッザニアを訪れた際には、ぜひ資生堂の『ビューティーサロン』パビリオンも体験してみてくださいね。

prof_fujisawa

藤沢 あかり(ふじさわ・あかり)

パンとたまごと少女漫画が好きな、フリーの編集・ライター。住宅・インテリアや雑貨、子育てなど暮らしまわりを中心に手がけています。一姫二太郎の母。『Hanakoママ』本誌では「働くママを悩ませる100の事象」を担当中。


instagram.com/akari_kd