子育てママのお悩み解決メディア
胸がキュンとなる。あの気持ちを思い出させてくれる絵本
2016.04.16

絵本特集7 胸がキュンとなる。あの気持ちを思い出させてくれる絵本

特集「絵本の読み聞かせ」

想像力を使えば、どんなこともできる楽しさ

大好評の絵本特集。今回は、テーマ別の絵本をご紹介します。まずは、ごっこ遊びの大定番「おままごと」。

おままごとの魅力は、想像力を使えば、どこにいてもすぐに自分の世界に入っていけること。ママになったり、店員さんになったりと、どんな役にもなれるし、身近にあるものを見立てればどんな料理も作れるし、テーブルを華やかにセットすることも。特別なおでかけをしなくても、すぐに素敵な場所に旅立てる。

絵本にはごっこ遊びや空想することの楽しさを伝えるものがたくさんあります。きっとママもかつての気持ちを思い出してワクワクできるはず。

のはらのおへや

『のはらのおへや』作/みやこし あきこ ポプラ社 1300円
引っ越してきたばかりのさっこちゃんが見つけた、野原のしげみの中にセットされた素敵なお部屋。お茶のセットにタンポポを飾って……。おままごとのワクワク感にママもキュン!

おへやだいぼうけん

『おへやだいぼうけん』作/ほりかわ りまこ 教育画劇 1100円
とっても仲良しの女の子2人組。いつもの部屋が高級レストランやジャングルになり、ネコの引っかき傷はライオンに襲われた傷に。会ったその場から、2人の空想の世界が無限に広がります。

1106014335_main_l

『おままごと』作/すなやまえみこ こぐま社 1000円
ママになって、ぬいぐるみの誕生日をお祝い。タンポポのオムレツに葉っぱのスパゲティを用意したら、泥で作ったケーキも並べよう! おままごとの楽しさを詰め込んだ絵本。

51VR55HSD4L

『コッコさんのおみせ』作/片山健 福音館書店 900円
コッコさんが開いたお店。お客がいなくて、出前を始めるコッコさん。トレーの上に広がる料理や、自分の用事をしながらのちゃんと付き合う家族がとてもリアルで微笑ましい。

絵本特集はまだまだ続きます。お楽しみに!

子どもがすぐに寝てくれる。そんな絵本はありますか?
そもそも絵本に興味がない子には、何を読み聞かせる?
「やってみたい!」が広がる。子どものやる気を応援する絵本
週末行ってみたい!6つの「絵本の読み聞かせ会」
いま注目すべきはこの5人。旬の絵本作家さんをご紹介!
絵本特集はこちらから

[絵本を選んだ人]
兼森理恵さん〇丸善 丸の内本店・児童書担当
児童書担当歴16年。新規店舗の立ち上げのほか、店内のフェアやサイン会などオリジナリティあふれる企画を多数手がける。

宮本博美〇本誌「mamaʼs STORY」担当編集
読み聞かせをした後、ぬくぬくのベッドの誘惑に勝てず寝落ち、という魔のサイクルから何年経っても抜けられません!

※価格はすべて本体価格。別途消費税8%がかかります。
写真◯森山祐子 編集・文◯宮本博美
(Hanakoママ38号より)