子育てママのお悩み解決メディア
公園の砂を口に入れてしまう子ども。辞めさせるにはどうするべき?【教えて!ケイト先生】

ママのためのカウンセリングルーム・102 公園の砂を口に入れてしまう子ども。辞めさせるにはどうするべき?【教えて!ケイト先生】

ケイト先生_砂ば

こんにちは。お悩みありがとうございます。お子さんが、口の中に砂を入れてしまうということですが、1歳児くらいのお子さんは、珍しい感触や心地の良い感触の物は、なんでも口に入れたくなるんですよね。保育園でも、1歳児のお子さんが、砂場で遊んでいるときに、砂を口に入れてしまうシーンはよく見かけます。でも、これは仕方のないことです。小さければ小さいほど、経験不足と身体が本能的に動いてしまうからです。でも、ここで経験を重ねることで、口に入れてはいけないものなのだということを 学習します。「食べ物」「遊ぶもの」を理解するのです。また、この時期の子どもは、食事の際に食べ物で遊んでしまうこともあるのですが、これも感触を楽しんでいたりもします。お母さんからしたら、せっかく作った料理を遊びの道具にされて悲しくなってしまう気持ちもよくわかりますが、成長段階の1つですので、その期間は、根気強く対応してもらえたら…と思います。

では、実際にどのような対応をすればいいのか?砂場で遊ばなければ、砂を口に入れることも無くなるので、砂場に連れていかなければいいんだ!と思う方もいるかもしれませんが、それは間違いです。子どもは、経験を通して学んでいきます。小さければ小さいほど、体験・経験を積めば、「口に入れていいもの・悪いもの」の区別を早めに身に着けることができるのです。と、同時に、指先を使う遊びは、子ども達の脳を刺激し、発達へと導いていきます。ですから、たくさん遊ばせてあげてください。

お子さんを砂場で遊ばせる際に、気を付ける点は3つ。

まず一つは、公園などの砂場が、きちんと管理されている公園を選ぶこと。公園によっては、出入りの時間が設けられていたり、犬や猫などが砂場にはいれないようにガードがされているところがありますので、そういった場所を選びましょう。
次に、子どもが遊ぶ前に大人が砂場をほぐして、危険物が無いかチェックしてください。砂の中に、たばこの吸い殻やガラスの破片などが落ちていることもあります。気を付けてください。
そして、最後に、砂場で遊ぶ際は、水の入ったペットボトルとガーゼを用意しましょう。
砂を口に入れてしまった場合には、ガーゼを水で濡らし、人差し指に巻き付け、口の中を円を描くようにすると、砂をぬぐうことができます。すべてがきれいにとることができなくても、便として排出されるので安心してくださいね。

お母さんからしたら、砂を口に入れることに対して、衛生面は!誤飲は!と心配になってしまうことも多いと思いますが、お子さんからすれば、「冷たい」「柔らかい」物は、感覚的に口の中に入れてみたくなります。先ずは、お子さんの成長を認めてあげてください。そして、そっとフォローしてあげてくださいね。

子どもの成長段階の一つとして認めてあげつつ、フォローしてあげることが大事なのですね!

河西 景翔

河西 景翔子育てアドバイザー

小学生の頃から保育士を目指し、中学から保育園でのボランティア活動を通して、日本音楽学校に入学し、保育士・幼稚園の資格を取得。平成14~26年まで、保育士・幼稚園教諭として現場で働く。現在は、セミナーを開催したり、ウェブマガジン・ブログを通し、子育てに悩むママに向けて、子育てに関する情報を発信。「子育て中のママと、共に悩みながら最良の道を切り開く」を念頭において、日々奮闘中。

河西 景翔さんの記事一覧 →