働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

【ママ美容アドバイザーが伝授】1つだけ取り入れるのがコツ!?ママが押さえておきたいトレンドメイク

2019.10.04

こんにちは!
ママ美容アドバイザーのとんちゃん。です!

ここでは、ママによるママのための綺麗への道のりを、ちょっとした小技やテクニックをまじえてご紹介していきます♪


・・・・・・

さぁ、今日はトレンドについて語ります!
もちろん、メイクについてのトレンドです。

メイクのトレンドってたくさんあり過ぎてよく分からない・・・。
何を取り入れたら正解なのか、何なのか。

実は近年、ファッションもメイクもトレンドのアイテムやカラーはあるものの、自分らしさを表現することを重要視する波が来ています。
なので、どんな格好をしてもどんなメイクをしても正解・不正解はない、というわけです。

でもそれって、方法を知らない人には酷な話です。
参考にすべきものが何なのか。
どれも正解じゃ困る!
自分にとっての不正解は何なのかを知りたい!

というわけで!
私がお伝えしたい、ママが押さえておきたいトレンドメイクは、ただ1つ!!

・・・?
あ、分かりにくかったですね。笑
正解は【トレンドを1つだけ取り入れる】です。

美容

ファッションを例に挙げると、その日のコーディネートの中にトレンドを全部盛り込んだら、凄まじいことになるんですよ。
ヒョウ柄とチェック柄とファーとスエードとフェルトと、、、なんて盛り込んだら、もうそれこそ1人お祭り状態。

メイクも同じです。
そのシーズンのトレンドはいくつもあるので、それを1つの顔に全部盛り込む必要は一切ありません!というか、そもそも盛り込めない!

むしろ、トレンドアイテムを1つだけ、そう、たった1つだけ取り入れてさえいれば、それだけで一気に旬顔!おしゃれ顔!

ファンデーション、アイシャドウ、リップ。
普段のメイクをしつつ、1つだけトレンドを盛り込んでいきましょう!

ではここで、ワンポイントアドバイス♪

・とりあえずブラウンリップをオン!リップをオンすればOK!
どれだけテキトーな格好をしていようと、どれだけメイクがナチュラルだろうと、リップさえしっかり旬なカラーを入れておけば、大丈夫です!
これは至極、真面目な話。
カジュアルなデニムコーデでも、リップにしっかりブラウンが入っていればそれだけで女っぽい。
レディーなコーデもピンクリップじゃなくて、敢えてのブラウンで色気アップ。
それだけで、秋という季節を十分に楽しめます!!

・アイシャドウを買い足すなら、ザクザクラメのシングルアイシャドウ!
今年はなんと!ギラつくラメ感のあるアイシャドウがトレンドなんです!!
トレンドの神様、ありがと〜!!!
カラーについてはファッショナブルなカラーパレットがトレンド入りしていますが、私のような一般ピーポーは例年通りのカッパーオレンジやテラコッタブラウンを使い、そこにラメを重ねていこうと思います。
この時、挑戦できる人はブラックアイシャドウをチョイスしてみてください!
オーロララメを纏ったブラックアイシャドウを重ねることで、一気に旬顔になること間違いなしですよ♪

・美容雑誌を参考にするときは要注意!
もうこれは声を大にして言いたい。
美容雑誌に出ているモデルさん=メイクモデルさんは、どんなメイクも似合うような顔であり、そしてなんでも似合っちゃう美貌の持ち主なんです。
なので、素敵に見えて当たり前。
カーキのアイラインで囲み目メイク、グレーとブラックの高発色アイシャドウ。
私のような和顔で丸顔の凡人には似合わなくて当たり前。
(似合わせるにはそれ相応の工夫が必要!)
ここまで言い切ってしまっては、おしまいじゃないかー!ってなっちゃいますよね。笑

美容雑誌の中で特に参考にして欲しいのが、読者モデル企画です。
読者モデルさんも自分より綺麗で可愛い方ばかりですが、メイクモデルさんと比べればまだ私に近いところの存在のはず!いや、そう思いたい!!

読者企画の場合、よりリアルシーンに落とし込んでメイクをしていることが多いので、誌面の中でもそこに注目して真似すると失敗が少ないです!
 
美容モデルの方のページは、『こんなトレンドカラーがあるんだ〜こんな色の組み合わせがあるのね〜新作コスメはこんな感じなのね〜』という把握でOKです♪
もちろん、真似してしっくりくれば万々歳♡

コスメ

最後に。
似合うか似合わないかを、自分で決めつけてしまわないこと。
これがトレンドを、その季節を、楽しむ上で一番大事なことです。
自分には似合わないかもしれない、と思えるような色やアイテムも、使い方を変える、ツールを変える(指、ブラシ、チップ、スポンジ)、使うパーツを変える、などの工夫をすることで、似合うタイミングが見つかるはず!

イエベ・ブルベの話題も定着してきているけれど、それに囚われすぎないで、自分らしさを楽しんでほしいです♪

今回は、「トレンドアイテムは1つだけ取り入れて季節を楽しめ!」でした。

それでは、また。

とんちゃん。

とんちゃん。

ママ美容アドバイザー、美容ライター。日本大学航空宇宙工学科に入学するも1年で中退。その後、23歳で早稲田大学スポーツ科学部に入学。在学中に夢の一つでもあった学生結婚を果たす。卒業後はアパレル会社に勤務するもすぐに妊娠が発覚し、退職を迫られる。そこから流産、別企業に再就職、妊娠、出産、退職を経て、5歳になる娘の子育てに奮闘中。現在では愛してやまない美容やコスメについてSNSで発信、コスメコンシェルジュ資格の取得、ウェブメディアでのまとめ記事やレビュー記事などの執筆活動やインフルエンサー活動など、アウトプットの場を広げている。『ママ美容アドバイザー』と自ら名乗り、ママたちのメイクのお悩み解決のお手伝いをしていきたいと目論み中。