働くママのウェブマガジン

Kids最新の子ども情報をピックアップ!

風邪・インフルエンザ・ノロウイルスなど!冬の病気予防と対策とは?

2019.12.03
スクリーンショット 2019-12-03 12.00.14

今年はインフルエンザの発症も例年よりかなり早いペース。冬の感染症は、本格的流行の前に家族レベルの対策が肝心です。
冬の病気について、小児科の草川先生に伺いました。

寒くて乾燥する冬どんな病気が流行る?

保育園で、「インフル出た」「風邪でお休み」と聞くとドキドキするし覚悟も必要。かかると大人も辛いのだから子どもならなおさら。これからの季節特に気をつけるべき感染症とは?「乳幼児期の気管支炎・肺炎の原因として代表的なRSウイルスは、流行の傾向が変わってきています。昔は冬の病気と言われていましたが、今は夏の病気になっている。首都圏だと10月は峠を過ぎる頃。冬の病気としては、インフルエンザとノロウイルスが2大巨頭でしょうね」(草川功先生)。

かかってしまう前に、予防と対策、基本から見直してみましょう。

スクリーンショット 2019-12-03 12.00.26

教えてくれた人 聖路加国際病院小児科医長 草川功先生

聖路加国際病院小児科医長として外来、定期健診、予防接種などを担当。全国保育サービス協会会長。「子どもの病気SOS」(小社刊)も。

冬の2大巨頭はインフルエンザとノロウイルス!

猛威を振るいやすい冬の感染症。まずは特徴を知って、その時に備えましょう。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスを病原とする感染症。飛沫感染。例年は12月から3月にかけて流行。今年は発生が早く、すでに学級閉鎖を行った学校も。風邪に比べ重症化しやすい。急激な発熱が初期症状。「0〜3歳まではインフルでなくても熱を出しやすい。もう少し上で普段風邪をひかない子が突然熱を出したらインフルの可能性が高いです」。

スクリーンショット 2019-12-03 11.34.41

風邪

集団生活や生活範囲が広がると、子どもも風邪ウイルスと出会う機会が増えてきます。一般的な風邪は、急に始まり、鼻水がでる、せきが止まらないなど、のどや鼻に症状が現れます。ほとんど軽症ですが、似た症状でも、急性咽頭炎などは通常の風邪よりも熱が高く、のどの粘膜が赤く腫れて強い痛みを伴うのが特徴です。

スクリーンショット 2019-12-03 11.34.53

ノロウイルス

感染性胃腸炎。手指や食品などを介して経口で感染します。潜伏期間は24〜48時間で、主な症状は嘔吐、下痢、腹痛。「基本は接触感染。接触感染はわずかなウイルスでも発病しやすく、ノロは感染力が非常に強い。最初吐き気がきて、急激にお腹が痛くなって、下痢をして、熱がでることも。でも一晩我慢すれば結構回復します」。

スクリーンショット 2019-12-03 11.35.02

【予防】風邪・インフルエンザはのど・鼻で感染する

おしゃべりや、くしゃみ、咳など、飛沫を浴びることで、鼻やのどの粘膜から感染します。重症化しないために、必要なことは?

週末は子どもを休ませる

スクリーンショット 2019-12-03 11.37.21

平日は保育園にあずけているし、週末は遊びに連れださなくては、という考えがスタンダードになっていませんか? 「保育園に通いはじめたら、子どもだって休まなくてはいけません。集団生活の中で子どもも疲れます。ストレスフルだから週末になると熱を出す。乾燥する季節に人ごみに連れ出すよりもゆっくり休ませてあげましょう」。

予防接種を受ける

スクリーンショット 2019-12-03 11.37.31

予防接種することであらかじめ病原体と戦うための体の準備ができます。予防接種した人と、しない人のインフルエンザの感染率は、当然接種した人のほうが低くなり、感染したとしても重症化しないですみます。また、ノロの予防接種はありませんが「ロタウイルスに対するワクチンは、来年から定期接種できることが決まりました」。

マスク、水分補給、部屋の保湿を忘れずに

「風邪もインフルエンザも飛沫を浴びなければ感染しません」。大人も体調が怪しいと感じたら、部屋の中でマスクをつける心がけを。子どももマスクを嫌がらなければ、人ごみの中では着用するのがベター。また、ウイルスは乾燥した環境を好むので、部屋の保湿も大切。湿度は50〜60%を維持して、乾燥を防ぐことがポイントです。

栄養を摂って規則正しい生活を

感染症にかからないためには、免疫力を落とさないことが重要。しっかりと睡眠をとり、栄養バランスのいい食事で、ウイルスに負けない体を作ることが基本です。家庭内感染しないよう、家族全員で心がけましょう。

【予防】ノロウイルスは口から感染

食べ物や手を介して口から感染するノロウイルス。感染力がとても高くて、わずかなウイルスでも発病しやすいのが大きな特徴です

人ごみを避ける

スクリーンショット 2019-12-03 11.41.42

インフルエンザやノロウイルスといった感染症は、不特定多数が多く集まる場所で流行しやすい。寒いこの時期は空気も乾燥してウイルスが蔓延しやすい環境なので、流行時は人ごみに出かけるのは避けたいもの。寒さで鼻水をだし鼻が詰まって、鼻のバリアのない子どもは、圧倒的にウイルスにも感染しやすくなります」。

手洗いは効果ある?

「ノロなどは手洗いしても流行っていたら移ります。簡単に防御はできない。ピーク時に公共のおむつ替えの場所に行けばウイルスがいるわけだからは余計な外出をしないこと、感染症だから感染源に触れないのが一番の対策です」。

【対策】病院に行くのはどんなタイミング

熱がでた、鼻水くしゃみが出始めたという時は、即病院ではなく、まずは様子見を。元気なら基本OK。いつもと明らかに様子が違う時は迷わず受診を。

1週間以上熱が下がらない

スクリーンショット 2019-12-03 11.44.44

インフルで熱がでた場合すぐ受診したほうがいい?「インフルは世界的に見れば普通の風邪なので薬とかではなく自分の体力で治しましょう、というもの」。過敏になることはないけれど、熱が下がらない症状は合併症の場合もあるので医療機関を受診しましょう。

脱水症状を起こした

スクリーンショット 2019-12-03 11.45.17

乳幼児は大人に比べて体の水分量が多いため、嘔吐や下痢によって簡単に脱水症になることも。脱水症の症状は、尿の出が悪い、元気がない、口が渇き、ぐったりしているなど。そんな症状が現れたら病院で輸液を受ける必要も。こまめな水分と電解質を忘れずに。

いつもと顔色や様子が違う

スクリーンショット 2019-12-03 11.45.34

「38度以上の熱があっても本人が元気なら心配する必要はありません」。ぐったりしている、顔色が悪い、食事を摂らないなど、普段と様子が明らかに違う場合は早めに受診を。少し元気がない時は外出を控えて、保育園休める状況なら休ませて様子を見ましょう。

せきがどんどん悪化していく

ただの風邪だと思っていたのに10日以上たっても、せきがどんどん悪化していく、息苦しそう、そんな症状になってきたら、呼吸器系の感染症や肺炎を誘発している可能性も。初期に受診した場合も、時間が経っても改善せず、余計に悪くなってると感じる時は迷わず受診を。

【対策】悪化させないために家庭でできること

怪しいなと思ったら、軽いうちから保育園を休ませることも時に必要。湿度を保った暖かい室内で休養させてあげましょう。

お部屋でゆっくりと静養させる

スクリーンショット 2019-12-03 11.48.39

なかなか仕事を休めない環境のママも多いと思いますが、子どもが疲れて見えたり、体調が怪しくなる初期にこそ休ませることが大事。気になりながらも保育園に通わせたり遊びに出かけたりすることで、症状が悪化し、結果長引いてしまうことも多いのです。

乾燥を防いで室内環境を整える

ウイルスは乾燥した環境が大好き。「加湿することでウイルスは減ってきますし、鼻にものどにも湿った空気を吸ってる方が圧倒的にいい。ぜひ加湿はしてください」。室内にたまるほこりにも菌やウイルスが付着しやすいので、掃除機や濡れた雑巾でこまめな掃除も心がけて。

【対策】家族が感染しないためにできること

インフルエンザやノロウイルスは大人もかかる病気。感染力が強く接触の多い家庭内ではうつりやすいので家族で予防意識を高めていきましょう。

インフルエンザの時は、部屋を分ける

せきやくしゃみの飛沫距離は約1メートル。安全を見越して2メートルくらい患者から離れていると飛沫を吸い込みにくいと言われています。そのためにはかかった人と部屋を分けるのも効果的。飛沫を浴びないためには大人同士なら食事場所を分けるといった工夫を。

室内では家族もマスクをする

スクリーンショット 2019-12-03 11.49.09

インフルエンザなど飛沫感染の場合、病原菌を持った人がマスクをつければ飛び散ることは防げるし、感染しているのが子どもの場合は、大人がマスクをして防御を。両方がマスクをすれば、さらに効果的。室内でもマスク着用で、飛沫を吸い込むリスクを減らして。

子供が嘔吐した後は、処理・消毒をしっかり

スクリーンショット 2019-12-03 11.49.20

ノロウイルスは強力で感染力が高いため、少量でも感染します。嘔吐などの処理は注意して行いましょう。できればゴム手袋をして、嘔吐物もビニール袋に入れて口を固く結びます。次亜塩素酸ナトリウムなどで拭きとった後はしっかりと水拭き。後の手洗いも丁寧に。

この時期は手洗い・うがいはこまめにを習慣づける

スクリーンショット 2019-12-03 11.49.49

感染者が鼻をかんだり、くしゃみを抑えたり、そんな手で触るドアノブ、テーブルにはウイルスが付着しています。まずは家族で手洗いをしっかりと。こまめに洗えない時は除菌ジェルなどを使う手も。感染者とはタオルを分けるのも基本。大人はうがいも忘れずに。

我が家の冬の病気 予防と対策あれこれ

熱が出た! 嘔吐した! 深刻にならないために、みんな日頃からどんなことをやってるの?

スクリーンショット 2019-12-03 11.53.31

鼻が詰まったら即吸引してます

息子は風邪をひくと鼻と喉をやられるので、鼻吸い機を購入。1日に何度も鼻を吸うようにしてたら今では自分から「吸って」と催促してきます。熱がある時は室内でも私はマスクをしています。

スクリーンショット 2019-12-03 11.53.21

加湿器に濡れタオル、お部屋を万全に

私が妊娠中に家族がインフルエンザに。不安でしたがマスクや別室で寝てもらうなどして乗り切りました。娘が保育園に行きだしたので予防接種も受け、加湿器も新たに購入しました。

スクリーンショット 2019-12-03 11.53.09

手洗い・手の消毒・うがいもやってます

長女は寝ている時にせきのしすぎで嘔吐してしまったことが何度かあり。私の髪も塗れて大変でした。下が生まれたので手洗いを徹底。冬は寝る前にホットミルクに蜂蜜が定番です。

イラスト◯福々 編集・文◯牧田ちえみ