子育てママのお悩み解決メディア

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

親子で鉄分補給♪新京成電鉄14年ぶりの新型車両がデビュー!【ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ】

2019.12.21

この連載は……
元祖鉄道アイドル、いまはママ鉄として活躍している豊岡真澄さんが、お子さんと一緒に「でんしゃ」にまつわるおでかけ情報をご紹介します!


皆さん、こんにちは!ママ鉄の豊岡真澄です。

2019年もまもなく終わりを迎えますが、今年最後のコラムでは、この冬デビューする新型車両をご紹介します。
どこにいてもかわいく目立つピンクの車両!新京成電鉄80000形(はちまんがた)

iOS の画像

こちらの報道公開にいってきました。

14年ぶりとなる新形式車両80000形は、新京成電鉄のコーポレートカラーであるジェントルピンクがふんだんに使われていて、外観デザインには、新京成電鉄のスローガン「まいにち、ちょっと、新しい。」が表現されています。

くぬぎ山にある車両基地に入ると、ずらりと並ぶ車両。

iOS の画像 (1)

すべての車両にピンク!女性やお子さまのウケも良さそう。

一番右手にいる新型車両のカッコよさは一目瞭然。

真正面から見るのが最高にかっこいい!

iOS の画像 (2)

さっそく車内に入ってみます。

iOS の画像 (3)

中もかわいらしい。そして広々としているように感じます。座席の背もたれが高く、座り心地を向上。

わぁ!優先席の背もたれの柄がハートです。

iOS の画像 (4)

見ているだけで優しく温かな気持ちになれます。

荷棚の高さも低めで、私のような身長が低い方でも置きやすい。(筆者の身長は147センチ)

iOS の画像 (5)

空気浄化装置プラズマクラスターも全車両に設置されていたり

iOS の画像 (6)

防犯カメラも1両あたり3台設置されていました。

iOS の画像 (7)

車内にも新京成の伝統が受け継がれているところがあるのですが、なんだか分かりますか?

それがこちら。

iOS の画像 (8)

鏡なんです。新京成の車両といえば、鏡というイメージを持つ方もいますよね。

そして憧れの…運転席へ!

iOS の画像 (9)

座らせてもらいました!嬉しい〜!
数々の最新の技術の導入や省エネルギーの実現。それだけでなく、今までの伝統を守るこだわり。

12月27日から順次運行していくとのことなので、早く実際に動く80000形に乗りたいです。皆さんもぜひ、乗りに行ってみてくださいね。

2019年もコラムを読んでいただきありがとうございます。皆さんに、少しでも鉄道の楽しさが伝わっていたら嬉しいです。
来年もいろんな鉄道情報をお届けしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

toyookamasumi

豊岡 真澄 (とよおか・ますみ)

ホリプロにてユニット活動後、 担当マネージャー(鉄道BIG4の南田裕介)の影響により鉄子に目覚める。
元祖鉄道アイドルとして、数々の雑誌・イベント・番組(「タモリ倶楽部」など)に出演。
2008年3月結婚・出産を機に引退。現在は二児の母となり、 ママ鉄・鉄道文化人としてイベント等に出演している。

豊岡 真澄

豊岡 真澄 (とよおか・ますみ)担当マネージャー

ホリプロにてユニット活動後、 担当マネージャー(鉄道BIG4の南田裕介)の影響により鉄子に目覚める。元祖鉄道アイドルとして、数々の雑誌・イベント・番組(「タモリ倶楽部」など)に出演。2008年3月結婚・出産を機に引退。現在は二児の母となり、 ママ鉄・鉄道文化人としてイベント等に出演している。

豊岡 真澄さんの記事一覧 →
豊岡 真澄さんの記事一覧 →