子育てママのお悩み解決メディア

Odekake今週末、どこに行く?

親子で鉄分補給♪岐阜県「明知鉄道」の魅力あふれる観光スポットをご紹介!【ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ】

2020.04.09

この連載は……
元祖鉄道アイドル、いまはママ鉄として活躍している豊岡真澄さんが、お子さんと一緒に「でんしゃ」にまつわるおでかけ情報をご紹介します!


皆さんこんにちは。ママ鉄の豊岡真澄です。
前回のコラムでは、大河ドラマ「麒麟がくる」で話題の岐阜県を走る明知鉄道の食堂車をご紹介しました。

沿線には、魅力あふれる観光スポットがいくつもあるのでご紹介します。
ここ数年にぎわいをみせているのが、岩村駅。

ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ 岐阜・明知鉄道 ハナコママ

岩村駅のホームには岩村城をイメージさせるフォトスポットがあります。
女城主とパチリ。

ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ 岐阜・明知鉄道 ハナコママ

そしてこの駅構内には、鉄道好きの誰もがきっと興奮するであろうものが残されています。
それがこちら!

ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ 岐阜・明知鉄道 ハナコママ

これは腕木式信号機といって、鉄道の線路脇にある昔ながらの信号機で、とっても貴重なものなのです。
今では使われていませんが、こうして展示してくれているだけでも嬉しいですね。
さて、せっかく岩村駅に来たので、城下町散策をしに行きましょう。
岩村は、連続テレビ小説「半分、青い」のロケ地としてもとても有名になりました。
駅から少し歩いたところにある、ふくろう商店街はまさにその場所。我が家全員見ていたため、子どもたちも嬉しそうにかけまわっていました。

ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ 岐阜・明知鉄道 ハナコママ

こんなかわいい顔ハメパネルもあります。

ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ 岐阜・明知鉄道 ハナコママ

キャストの方々が休憩で使われたという’かんから屋’のかんから餅もはずせない!

ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ 岐阜・明知鉄道 ハナコママ

もちろん五平餅も食べました。

ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ 岐阜・明知鉄道 ハナコママ

食べ歩きをして岩村を堪能したあとは…息子が一番行きたがっていたところへ。
それが、リニューアルほやほやの極楽駅です。

ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ 岐阜・明知鉄道 ハナコママ

かつてあった極楽寺に由来して命名された極楽駅。
縁起の良い駅名として全国的に有名だったのですが、もともとはプレハブの待合室のみの寂しい駅でした。
ここはもっと極楽感を出し、インパクトがほしいとクラウドファンディングで寄付を募り、2019年12月ついにリニューアルしました!
駅のホームには、キン斗雲のベンチがあります。

ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ 岐阜・明知鉄道 ハナコママ

すごい…!これに座るだけで運気が上がりそう。
一眼レフを持った息子は、駅舎と車両が撮れる場所へと移動し、撮り鉄タイムを楽しんでいました。

ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ 岐阜・明知鉄道 ハナコママ

待合室の上にも金色にかがやくキン斗雲が乗っていて、遠くからのインパクトも大きいですね。
皆さんもぜひ、明知鉄道乗りに行ってみてくださいね!

豊岡 真澄

豊岡 真澄 (とよおか・ますみ)元アイドルのママ鉄

ホリプロにてユニット活動後、 担当マネージャー(鉄道BIG4の南田裕介)の影響により鉄子に目覚める。元祖鉄道アイドルとして、数々の雑誌・イベント・番組(「タモリ倶楽部」など)に出演。2008年3月結婚・出産を機に引退。現在は二児の母となり、 ママ鉄・鉄道文化人としてイベント等に出演している。

豊岡 真澄さんの記事一覧 →
豊岡 真澄さんの記事一覧 →