子育てママのお悩み解決メディア
忙しいママでもできる! 手作りおやつのアイデア3つ
2016.05.08

編集者の取材エピソード 忙しいママでもできる! 手作りおやつのアイデア3つ

自宅で仕事をすることも多い私。パソコンに向かいながら、コーヒーとチョコレートをエンドレス……そんな、おやつなのか食事なのかわからないダラダラ食いの私ですが、子どものおやつに関しては、やっぱりいろんなことが気になります。

「“おやつ=甘いもの”というイメージが強いですが、子どもにとってのおやつは“補食”です。3食の食事で補えなかったエネルギーを間食として摂ることが目的です。ですから、“おやつ=エネルギー源”と考えます。そのため、エネルギーとなる炭水化物をメインにします。おにぎり、パン、いも類などがオススメです。」

今回の時短ラボで、そう教えてくださったのは、管理栄養士であり、幼児や妊婦、授乳中のママの食事アドバイザーとしても活躍されている、上野知佐さん。

身体によくても、子どもが食べてくれないとさみしいもの。というわけで、取材で教えていただいた「マカロニきなこ」をはじめ、私も家でいくつか作ってみました。

oyatu01

マカロニきなこ
上野さんに教えていただいたもの。マカロニときなこと和えるだけという簡単さですが、子どもがとっても喜んで食べてくれました。保育園のおやつメニューに登場するところも多いようですね。
早ゆでのマカロニを使うと簡単。1分ほど余分に茹でると、きなこが水分を吸っても、マカロニは柔らかくもちもちに。お砂糖ナシでもおいしいですよ。

oyatu02

こちらはさつまいものはちみつレモン煮。
「さつまいもをスライスして、はちみつ、レモン汁、少量のお醤油を入れて煮込むだけ。常備菜として作っておき、お腹すいた~!のリクエストにこたえています。
飽きてきたらマッシュして、上野さんアイデアの「ロールサンド」にするのもいいですね。今号の「時短シェフ」では、りんごと合わせたメニューも紹介しています!

oyatu03

りんごケーキ
週末に、娘と一緒につくりました。
たまご一個、菜種油大さじ2、メープルシロップ大さじ2をよく混ぜ、ふるった小麦粉60g、ベーキングパウダー小さじ1と混ぜるだけ。バットに流して、乱切りにしたりんご1個分を上から載せたら180度で35~40分。
子どもも、卵を割って、混ぜて、切ったりんごを上にのせて……とお手伝いがしやすいレシピです。

手づくりおやつ、というとハードルが高いですが、どれも簡単なものばかり。ぜひ試してみてくださいね。

※本記事はこちらから読めます。