子育てママのお悩み解決メディア

Kids最新の子ども情報をピックアップ!

ランドセル選びで大切なことって?…親も子も大満足のラン活をしよう!

2020.04.01

心も身体も大きく成長する小学校6年間を通して使うランドセル。親も子も大満足のランドセル選び・ラン活はどのようにしたらよいのでしょうか? 

日本橋にオープンしたばかりの「セイバン 日本橋」さんへ2021年に小学校へ入学する長女とともにお話を聞いてきました!

見た目だけじゃない初めてのランドセル選び

一歩店内に入るとランドセルでいっぱい! もうすぐ年長になる娘はランドセルへの憧れがあり、目をキラキラと輝かせていました。
気になるランドセルがいくつかあるものの、親子共々その判断材料は色やデザインのみ。ランドセル選びってどうすればよいのかよく分からないのが正直なところ。そのような悩みを抱えるパパママのために、セイバンの直営店には「ランドセルコンシェルジュ」というランドセル選びのプロが常駐しているんです!

1

ランドセルコンシェルジュに聞くランドセル選びのコツ

早速ランドセルコンシェルジュさんにランドセル選びのポイントを聞いてみました!

―ランドセル試着するときのチェックポイントを教えてください。
チェックしていただきたいのは
①背負った時に肩ベルトなど痛いところはないか
②ランドセルと背中の間に隙間はないか
③背中の真ん中で背負っているか
の3つです。
身体にちゃんとフィットしていないと反り返ってしまうので、肩が痛くなります。また、背負った時に隙間があると重心が外側になり、腰痛の原因になるんです。ランドセルはちゃんと真ん中で背負うことで重さが分散されるので、これらは必ずチェックしてください!

IMG_5983

―ランドセルが身体に合っているかどうかって大切なんですね! 他にも注意点はありますか?
お子さんに背負ったままジャンプしてもらったり、ランドセルを横に振ってもらってください。この時にランドセルがガバガバ動かないか、重心が固定されているかをチェックします。他にも実際にお子さんがするであろう動作をしてもらって、その時のフィット具合を見るといいと思います。

また、売り場に置いているおもりを入れてみて、改めてランドセルの位置が動かないか、背中の高い位置でフィットしているか、重心が後ろにいっていないか、を確認してください。少し歩いてみることもおススメです。

P3270028

―おもりって意外と重いですね…
そうなんです。5時間授業の教科書ノートが約2kgと言われています。あと、最後に、ぜひママもランドセルを背負ってみてください。これにはちゃんと意味があるのですが、お子さんは小学校6年間でママと同じくらいまで身長が伸びます。また、ランドセルを前でギュッと抱えてみてください。実はランドセルは単に教科書等を入れるだけではなく、もしもの時のクッション材にもなります。簡単にへこむようだと耐久性が低い可能性があるので注意が必要です。
ランドセルは昔と比べるとかなり進化し、ちょっと大きくなっているので、ママにも背負い心地を体感していただきたいです!

―ランドセルの役割って想像以上に大きいですね! ちなみに、ランドセルの重さはどのくらいが適切なんですか?
理屈としては軽ければ軽いほどお子さんの身体にとっては良いのですが、そうすると耐久性、機能性が落ちるのも事実です。しかし、例えば30gの違いだと大体卵一個分くらいの重さの違いなので、身体への負担は正直大差ありません。素材によっては300g程度重くなる場合がありますが、ランドセルは背負い方次第で身体への負担が大きく変わってくるので、総合的に選ぶのがポイントです。

03

―ランドセル選びで見落としがちなポイントはどこですか?
背負いやすさ、耐久性・丈夫さなどの機能面と、反射材が360度ついているかどうかの安全面です。デザインや色といった見た目ももちろん大切です。ただ、実際に毎日ランドセルを背負うのはお子さんなので、小学校までどのくらい歩くのか? 等「どのような環境で6年間使うか」ということを念頭に見るといいと思います。また、毎日ランドセルを背負う子どもの姿勢や将来的な健康を意識するものいいと思います。

IMG_5957

―保障や修理について、どのような点をチェックしたらよいですか?
ほとんどの国産ランドセルメーカーは6年保証がついていると思います。これらの保証に大差はないのですが、実際に修理が必要になった時に、代わりのランドセルをすぐに貸してくれるか等、カスタマーサービスがスムーズかどうか確認してみると良いと思います。

―色やデザインも重要な判断材料になると思うのですが、親と子どもの好みが異なる場合、皆さんどうしているんですか?
お子さんの意見を優先している方が多いように感じます。だけど、もちろん「どうしてもこの色やデザインは絶対にNG」というご家族も多くいらっしゃって、そのような場合は「ランドセルカバーはどれでも好きなものを選んでいいよ」「文房具は全部好きなものにしようね」といってお子さんにきちんと納得してもらっていますよ!

名称未設定-1

ただ、ランドセルを6年間使うのはお子さんです。飽きるんじゃないかな? という心配があるかもしれませんが、そもそも子どもの好みはコロコロと変わります。だからこそ、お子さん自身が気に入って選んだものにすると、飽きることがあっても愛着がわき、小学校卒業まで大事に使ってくれるのではないかと思います。

子どもにとってランドセルはお兄さんお姉さんが使っている憧れの鞄。朝、お子さんと一緒に通学路の小学生がどのようなランドセルを使っているかを見てみるのもおススメです。

―お受験の合否後(年末)に購入やキャンセル、返品はできるんですか?
メーカーによって異なるので一概には言えないのですが、セイバンの場合は受注生産なので購入後のキャンセルはできません。ただ、合否がわかる12月前後でも想像以上に選べるランドセルの種類はたくさんあります。

03a

―男の子のランドセルって選択肢が少ない気がするんですがどうなんですか?
確かに、男の子向けのランドセルは女の子向けと比較するとカラーバリエーションが少ないです。だけど、男性用ジャケットの裏地のカラーやボタン、小物などのように男の子のランドセル選びの楽しみ方も無限大です。ランドセルを開けた瞬間のデザインだったり、ステッチの色をこだわったりしてみると楽しいですよ!

203
名称未設定

―ランドセルの素材の違いを教えてください。
本革はとにかく頑丈です。また、人工のものには出せない美しさがあります。お手入れが大変そうというイメージもありますが、(メーカーによって異なりますが)コーティングしているので撥水機能もあり、絶対に雨で濡らしちゃダメというものではありません。ただ、週に1回はランドセルカバーをはずして空気に触れさせると長持ちします。

コードバン(馬のお尻の革)の魅力は何といっても美しい艶。革のダイヤモンドと言われているくらいなんですよ! 触り心地もつるんとして、見た目もスタイリッシュ。牛革よりもさらに頑丈です。

人工皮革(クラリーノなど)の魅力は革にはない軽さと豊富なカラーバリエーションです。ランドセル購入者の約8割の方が人工皮革のランドセルを購入しているといわれています。

P3270018
左から順に、本革、コードバン、人工皮革

ランドセルは一生ものではありません。小学校6年間元気にのびのび使える素材を選ぶことが一番ではないでしょうか。

―最後に、ランドセル選びで一番大切なことはなんですか?
それはずばり「楽しむこと!」 これに尽きます。
お子さんがお家にきてからこれまで様々な必需品を購入したと思いますが、ランドセルは6年間も使い続けるものを親子で一緒に真剣に選ぶ初めての経験です。ランドセルを選ぶ過程で子どもから発せられる言い回しに成長を感じられたり、お子さんの新たな一面を発見できる機会になります。また、ランドセルって子どもたちにとって憧れの象徴でもあるので、そのランドセルを一緒に選んだことは大人になってからも記憶に残る親子の思い出になるのではないでしょうか? 
保活などのように、活がつく言葉はなんだか大変そうというイメージがありますが、ラン活はとにかく楽しみましょう!

IMG_5979

―たくさんのアドバイスをありがとうございました!

これまで様々な「~活」を経験したので「ラン活」という言葉にひるみ、デザインや色の好みで娘とケンカしそうだな…とランドセル選びが少し後ろ向きでした。しかし、ランドセルの機能面について詳しく教えていただき、また「楽しむこと」という金言をいただき、一番大切なことを忘れていたことに気づきました。ママも実際に試着したり、子どもの意外な一面を発見したり、ランドセル選びって親子で楽しめます!

親も子どももどちらも納得して選んだランドセルを背負って、小学校6年間で様々な経験をして心も身体もすくすく成長してほしいですね!

セイバンの嬉しいLINEサービス

妊娠や乳幼児の子育て、コロナウイルスの影響で外出が難しい、近くに直営店がない等というママのために自宅にいながらランドセルコンシェルジュにランドセル選びの相談ができるサービスがスタートしました! セイバンホームページTOPページから気になる直営店のページにとんでいただき、そこから友達追加をし、通話機能により相談が可能です。(平日限定、水曜定休。混雑状況によっては利用できない場合もあり。)

11

【セイバン日本橋】
住所:東京都中央区新川1-8-6 秩父ビルディング1F
アクセス:東京メトロ日比谷線/東西線:「茅場町」駅より徒歩5分
東京メトロ半蔵門線:「水天宮前」 駅より徒歩8分
東京メトロ日比谷線:「八丁堀」駅より徒歩9分
東京メトロ銀座線/東西線/都営浅草線:「日本橋」 駅より徒歩11分
電話:03-6275-2890
営業時間:10:00~18:00
定休日:毎週水曜日
セイバンホームページ:https://www.seiban.co.jp/

web1480645161615

小田原みどり

2014年生まれの女の子&2017年生まれの男の子のママ。パパの転勤のため、地元の広島を離れ東京で子育て中。
上の子には毎晩絵本を読み、離乳食もそれなりに頑張り、いろんなものを手作りしたのに、下の子には絵本を読む機会はあまりなく、離乳食は味噌汁かけご飯、既製品がスタンダード。
平等に育てる難しさを感じている今日この頃。

Hanakoママ

Hanakoママ (はなこ・まま)編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →
Hanakoママさんの記事一覧 →