子育てママのお悩み解決メディア

Papa​パパの子育てを応援するコラム&トピックス

最近家にいるパパは子供からみてどんな人?【ボビーのよかよか子育て日記】

2020.05.01

日本が大好きで福岡に移住して14年。TVリポーター、料理家として活躍する、ボビー・ジュードさんの子育て日記がスタート! 子どもを通じて感じる、日米の子育て比較論、のびのびとした福岡での暮らし、英語と日本語、どちらで育てるか? など、ボビーさんが感じたいろいろな話題を展開します。ぜひお楽しみに!


ハロー! 緊急事態宣言中ですが、皆さんはお元気でお過ごしでしょうか?

家の中で過ごす時間が増えて、家族と一緒にいる時間も増えたでしょう。

この度、私と同じく「こんな常にず〜〜〜っと我が子と一緒にいるのは初めて」というパパはいっぱいいるんじゃなか? そういったパパたち、「常に」育児をやってみてはどうですか?

楽しい?

大変?

新鮮?

ストレスだらけ?

以上、全部当てはまる時あるよね。自分はね、正直、結構楽しいかも…(笑)

先日、家族で映画を見ていた時の話。

奥さんと娘、あみちゃんが寝落ちて、もう一人の娘、るいちゃんが「パパと私だけが起きてる」とテンションが上がって、

「ねぇ、ねぇ、お父さん、今二人だけの話していい?」と言い出して「いいよ」と返したら「誰にも言わないの?そして、本当になんでも言っていいの?」と聞かれて、絶対に二人だけの内緒にすると約束して、どんな内容なんだろうと相当期待していたら、「私さ…マヨネーズが好き!」

と言われたの。(笑)

いや、この何でもない時間ってやっぱり楽しい。ストレスが溜まる時もあるし、不安ももちろんあるけど、今はこの状況の中やっけん、前向きに考えたら、普段から子供と一緒にできない事ができるよね。
子供の今まで見れなかった面が見れるよね。

子供って、1秒でも目を離してしまうと成長の瞬間を見逃すことあるって思わん? 外でお仕事をやっていると、そういうのをたくさん見逃している気がする。

最近、見逃しとらんばい!(笑)
日々、子供の成長を、めいっぱい。

家事をすることも育児をすることも大分増えたけど、それも正直あまり苦労してない。苦労していないように感じるのは、前回紹介した「タッグチームペアレンティング」を普段から目指しているからだと思う。

以前も話したばってんが、タッグチームペアレンティングの目的は育児に関して、お父さんもお母さんと同じ役割を果たせることです。

ってことは、食べさせること、寝かしつけること、お風呂に入れることなど、そして、薬や通園の道具など子供の要るものを全部把握して対応できるようになること。それが普段からの目的であれば、今はずっと子供と一緒におっても、家族から頼まれることが多くなっても、家事と育児は『パパもやれる』という感覚になっているはず!

だから、今回はTAG TEAMスタイルでパパとして得することについて話したかったとばってん、外出自粛中だからこそ、TAG TEAMに挑戦していると尚さら得する! だから、おすすめしたいです。

パパ得その1:子供からしたら、パパがママと同じぐらい頼れる人になる。

お母さんと一緒に過ごす時間の方が多いパターンを典型的としてみましょう。
そうすると自然と、ご飯も、怪我も、トイレもお勉強も、全部ママに面倒を見てもらうことも多くなるでしょう。それで、ママが一番頼りになる存在になる。
それはものすごく素敵なことだと思う。素敵な関係だし、それは自然なことで、それは仕方ないから、それを変えようとしないパパもいるかもしれません。

ばってん、パパとして子供が怪我した時や機嫌が悪い時の「ママがいい」「パパが嫌」が寂しい時もあるし、ママとしては「ママじゃないとダメ」っていうのが、耐えられないプレッシャーに感じる時もあるでしょう。

だから、パパとしては『パパでもママでもできる』環境作りに臨んだ方がいいと私は思う。

そして今、パパが最近家にいる時間が長くなっている小さい子がいる家庭の場合は、おそらく、ママがご飯、怪我、トイレ、寝かしつけなどの担当で、パパは何ができる人なんだろうと思われている恐れはあるかも! 

そう思われたらショックだよね!(笑)

パパと遊べるから嬉しい子供が沢山いると思うけど、遊び担当だけじゃ…。大丈夫かな?

子供がパパの在宅時間に慣れてくると、パパの家事と育児のできてなさにも慣れてくるばい(笑)。だからこそ、今日からでもパパはママ並みにできるようにTAG TEAMに挑戦しよう!

今までしなかった事やできなかったことに慣れるまでは大変だと思うけど、その「慣れ」と子供の『頼れないパパ』感覚への「慣れ」よりはマシじゃない?

子供のうちに何に関しても頼れるパパになると、それが一生の信頼関係に繋がると思うから、それが TAG TEAM PARENTINGの一番大事なパパ得だと思う。

得その2:TAG TEAM PARENTINGをやってると、一人の時間も確保しやすくなる!


詳しくは次回、お話ししましょう!

そいぎ、See you next time!

ボビー・ジュード

ボビー・ジュード (ぼびーじゅーど)ライター

1983年アメリカ生まれ。22歳で来日。日本語や日本文化、和食にハマり、福岡や佐賀を中心にレポーターやラジオDJ、モデル、役者として活動。特技の料理も生かして「ボビー’Sキッチン」のコーナーをサガテレビにて放送中。instagram.com/bobbyjudo

ボビー・ジュードさんの記事一覧 →
ボビー・ジュードさんの記事一覧 →