子育てママのお悩み解決メディア

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

子育ての不安…子育てストレスにはこう対処すればいい。

2020.06.11

「子育てに不安を感じる……」子供の成長、友達関係、ママ友、教育資金など、子育てをしていると不安な気持ちになることが多いですよね。でも、その子育ての不安な気持ちは軽くすることができます。「子供がしっかり育ってくれるか、将来が不安でたまらない」「子育ての不安な気持ちに押しつぶされそう」という人はぜひ最後まで読んでくださいね!


子育ての不安なことは、紙に書こう

子育てで不安に感じることがあったら、まず紙に書いてみましょう。具体的にどんなことを不安に思っているのかがわかるだけでも、不安な気持ちは軽くなります。だから、自分の気持ちを書いてみることが有効なのです。

書く方法はスマートホンなどではなく、実際に「紙」に「書く」のがおすすめです。その理由は、紙の方が自由に書いていけるから。いらない紙に気持ちを書いて不安のタネがわかったら、あとはその子育ての不安が書かれた紙を破くだけ。ビリビリと破き、子育ての不安を紙と一緒に捨ててしまいましょう!

(例) 子供が友達と仲良く遊べない。なぜ仲良く遊べないのか?

性格が悪い?

育て方が悪い?

遺伝?

わたしも子供の頃は友達とケンカばかりだったけど、今は信頼できる友達がたくさんいる

大きくなれば大丈夫なはず

上記の例では、何が不安なのかを冷静に分析できたことによって、不安が解消されました。次の章からは、書くだけでは子育ての不安が解消されなかった場合の対処法を3つご紹介します。

子育て不安の解消法①相談する

具体的に何に対して子育てで不安なのかがわかったら、プロに相談してみましょう!

(例) 子供が1歳を過ぎたのに歩かない

運動神経が悪い?

発達が遅い?

障害がある?

この場合は発達、障害の面を不安に思っているので、検診で相談する、地域に設置されている子育ての窓口に相談する、小児科に行って相談するなど、プロ・専門家に「相談」してみましょう。

子育てについて感じている不安を相談すれば、正常な発達をしているから大丈夫とか、療養に行くべきだとか今後どうすればいいのかを教えてくれるはずです。子育てで不安に思っていることに対し具体的な現状・取るべき行動がわかることで、あなたの子育て不安の気持ちは軽くなっていくはずです。

子育て不安の解消法②比べない

他の子と比べてしまって不安になる場合は、思い切って、同じ月齢の子と会わないようにしてみましょう

(例) 子供が1歳を過ぎたのに歩かない

周りの子は歩いているのに恥ずかしい

ママ友に何か言われそうで怖い

この場合は子供の発達が遅いことで、ママ友に何か言われそうなことを不安に思っています。嫌な気持ちになってしまうなら、無理して遊ぶことはありません。子育ての不安な気持ちが落ち着くまでこの親子と遊ぶのを辞めてみましょう。代わりに月齢が違う赤ちゃんや幼稚園児など上に兄弟がいるママ友と遊ぶようにする、またはママ友と会わないようにすることで「比べない」環境を作りましょう。

子育て不安の解消法③行動する

行動することで不安が解消される場合は、とにかく行動あるのみです!

(例) 子供が1歳を過ぎたのに歩かない

リビングに歩き回れるスペースがないから歩かない?

不要な大型家具を処分してスペースを作る

歩き回れるスペースがある児童館などに行くようにする

この場合は、子供が歩かない原因は歩くためのスペースが不足しているからだと感じています。だから、子供が歩けるスペースを確保するように「行動する」ことで、子育ての不安が解消されます。できる範囲で行動を起こしていきましょう!

子育て不安を解消する方法まとめ

子育てで不安な気持ちになったら、まずは紙に思うことをどんどん書いていき、不安な気持ちのタネを見つけましょう。

そして見つけられた子育て不安のタネを解消するために、行動に移していきましょう! 不安な気持ちはそのままにすると、さらに暗い気持ちになり、あなたにもお子さんにも悪影響を及ぼします。不安のない幸せな子育てをするためには、ママがハッピーであることがいちばん大切です。子育てで不安を少しでも感じたら、紙に気持ちを書いてみてくださいね!

いろは

いろは (いろは)ライター

港区麻布にこじんまりとひっそり暮らすシングルマザー。長男小3は自閉症スペクトラム症、ADHD、LD。5歳長女は自閉症スペクトラム様症状が増大中。これまで不登校だった長男に変わり、不登園を貫く長女と毎日濃密な時間を過ごす。子どもたちのおかげでたくさんの人から優しさを享受中

いろはさんの記事一覧 →
いろはさんの記事一覧 →