子育てママのお悩み解決メディア

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

産後のぽっこりお腹をどうにかしたい!時間もお金もかけない『ながらエクササイズ』をはじめよう。

2020.07.01

なかなか戻らない産後のぽっこりお腹……できることなら産前のようにスリムに戻したいですよね。でも、子育てに追われてダイエットなんてする余裕がない! というママも多いはず。

今回は、産後のお腹を引き締めるのに効果的な誰でもできる簡単エクササイズを紹介します。『立っているとき』『座っているとき』『寝ているとき』の3つのシチュエーションでできるエクササイズです。


産後のお腹痩せには【筋肉をつける】ことが大切

お腹をサイズダウンするために必要なもの。それは、筋肉です。なぜなら筋肉は脂肪を燃焼させる働きがあるから。だから筋肉が多ければ多いほど、自ら脂肪を燃焼させることができるのです。

つまり筋肉量が増えれば、痩せ体質になるということ。しかも筋肉がつけば、全身も引き締まります。産後にお腹の皮膚がだる〜んとなってしまったとしても、筋肉をつければグッと引き締まっていくのです。

でも小さい子供がいると、ジムに通うことや、運動をする時間を作るのは大変。だから、幼い子供を持つママにおすすめなのが、家事をしながら、子供を寝かしつけながらなど、何かをしながらできる【ながらエクササイズ】なのです。

次の章から【ながらエクササイズ】を詳しく紹介します。どれも簡単なものですが、産後のエクササイズを始める場合は医師に運動許可をもらってからにしてくださいね。

産後のお腹引き締めエクササイズ①お尻の穴を締める

まずひとつめの産後のお腹を引き締めるながらエクササイズは、お尻の穴を締める方法。お尻の穴を締めることで、産後に緩みがちな骨盤底筋と下腹部の筋肉を鍛えることができます

【お尻の穴を締めるエクササイズ】

・8秒間お尻の穴を締める

※これを10回繰り返す

産後のお腹痩せとともに、尿もれにも効果的です。

ご飯を作っているとき、お子さんを抱っこしているときなど、立っている状態のときにやってみましょう! もちろん、添い寝しながらでもOK。1日で10回セットを5回やるのがおすすめです。

産後のお腹引き締めエクササイズ②背筋を伸ばして座る

2つめの産後のお腹を引き締めるながらエクササイズは、まっすぐ座る方法。椅子やソファに座るとき、背もたれを使わずに背筋を伸ばして座りましょう。背筋を伸ばして座ることで下腹部に力が入り、産後のお腹痩せにつながります

はじめはツラく感じて、背もたれを使いたくなると思います。でも慣れて筋肉がついてくると、背もたれなしでも平気になっていきます。

背もたれなしで座ることが習慣になると、下腹部の筋肉量をキープすることができます。背筋を伸ばして座ることができるようになると、産後だけでなく、今後、年齢を重ねても脂肪がつきづらくなりますよ。少し意識するだけでも身体は変わるので、ぜひ無理のない範囲でトライしてみてくださいね。

産後のお腹引き締めエクササイズ③かかとを10センチあげて寝る

3つめの産後のお腹を引き締めるながらエクササイズは、あお向けに寝てかかとを10センチあげる方法。

下腹部を強烈に鍛えることができるので、今まで紹介したエクササイズの中ではいちばんハード。でも、産後のお腹引き締めにいちばん効果があります!

【かかと10センチあげエクササイズ】

1.仰向けに寝る

2.かかとを10センチあげる

3.10秒キープ

仰向けに寝てかかとを10センチあげるだけですが、下腹部はかなりきついはず。10秒間もキープできないという方も多いと思います。まずは自分ができる範囲で、3秒ほどから始め、キープする時間を長くしていきましょう。

産後のお腹を引き締めるエクササイズまとめ

産後のお腹を引き締めるのにおすすめなのは、ながらエクササイズです。時間もお金もかけずに家事や育児をしながらエクササイズをすることができるので、忙しくて自分の時間を取れないママにピッタリです。

ぜひ今から、立っているときはお尻の穴を引き締めて、座ったら背筋を伸ばす、寝たらかかとを10センチあげることを始めてみてください。

ほんの少しのことですが、続けることであなたのお腹は確実に変わっていきます!

いろは

いろは (いろは)ライター

港区麻布にこじんまりとひっそり暮らすシングルマザー。長男小3は自閉症スペクトラム症、ADHD、LD。5歳長女は自閉症スペクトラム様症状が増大中。これまで不登校だった長男に変わり、不登園を貫く長女と毎日濃密な時間を過ごす。子どもたちのおかげでたくさんの人から優しさを享受中

いろはさんの記事一覧 →
いろはさんの記事一覧 →