子育てママのお悩み解決メディア

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

気づいて解消!育児のストレスを感じたら試したい6つのこと

2020.06.17

溜めちゃダメだとわかっていても、溜まってしまうのが育児のストレス。放っておくと子供や家族に影響が出てしまうことも。この記事では、育児ストレスの原因やサイン、ストレスを感じていたらどうしたらいいのかについて解説します。

育児ストレスの原因とは?

自分の時間がない、ワンオペ育児、ホルモンの崩れ…原因はひとつじゃない!

お子さんを育てる中で、育児へのストレスを感じない人はいません。自覚していない人も、なんだかイライラしやすい、旦那さんや子供に当たってしまうなんてことはありませんか? 育児のストレスは、ママやパパが自由な時間を持てないことや、普段のワンオペ育児などが原因だと言われています。

しかし実際は、日々の疲れや女性特有のホルモンバランスの崩れからくる不安なども無関係ではありません。

育児ストレスのサインとは?

育児ストレスのサインは、イライラや不眠、人と会いたくなくなったり、無気力になったりするなど、精神的な症状が基本になります。最近、神経が過敏になっていると感じたり、今までにないほど疲れや眠気を感じるという人は、育児ストレスの影響を受けているかもしれません。早めに気づき対処をしないと、そのままノイローゼになってしまうことも。

育児ストレスを感じたら、まず試したいこと

・ひとりの時間を作る

育児ストレスは、毎日子育てばかりになってしまう、自由な時間を持てないことが原因のひとつ。現実問題、育児をするママやパパが自由な時間を作るのって大変ですよね。ですが、疲れを感じていたり、ストレスのサインが出ている場合は、1日に少しでいいので、ひとりの時間を作るようにしましょう。

・家族やパートナーに悩みを打ち明ける

もし家族仲がよければ、ママとパパの先輩である、両親や義理の両親に育児の悩みを相談、シェアするのもストレス解消の手助けになります。 詳しい悩みを明かさなくても、子育てや夫婦関係についてアドバイスやヒントがもらえる場合も。

また、パートナーに、最近の自分や育児の悩み、お子さんの様子を話すことも効果的です。あまり重たく考えず、お茶を飲みながら思っていることを話してみましょう。

今すぐ実践! 育児のストレス解消方法

1. 寝る

お子さんが小さいと、夜にしっかり眠れない日も多いですよね。眠りは健康の基本。眠れない日が続いたときは、お子さんを家族に見てもらって、睡眠を取るように努めてみましょう。自力で寝付けない場合は、専門家への受診をおすすめします。

2. おいしいものを食べる、飲む。

おいしいものを食べたり飲んだりすることは、気分転換の方法のひとつ。最近はフードデリバリーで、街中のおいしいものをおうちで楽しむことができますよね。食べに行くのもいいですが、自分へのご褒美として、たまにおいしいものをオーダーしてみるのもいい気分転換になりますよ。

3. 運動

体を動かすことは、どんな種類のストレスにも有効なお薬。イライラしたり、何か悩みがあって不安を抱えたりしたときには、ジムに行ったり、公園をジョギングして汗を流すという人も多いはず。また、体を動かすことで疲れ、眠気が感じやすくなる効果もあります。

4. 面白いテレビや映画、友達との会話で笑う

声を出して笑うことは、沈んだ気持ちを明るくし、ストレスを忘れさせてくれる効果があります。面白いテレビ番組や映画、YouTubeのチャンネルなどをチェックしておき、お子さんが寝た時間や一人の時間に鑑賞してみませんか?

また、気の置けないお友達とおいしいお茶やお菓子を食べながらの談笑もいいですね♪

5. 自分を褒める

育児にストレスを感じている人の中には、完璧主義でやさしい気持ちを持った人が多く、自分を責めやすいという特徴があります。育児には反省も大事ですが、ここはひと呼吸おいて、自分を褒めてあげると気持ちがラクになることも。

その日よくできたことを紙に書いたり、独り言で自分を褒めてあげるだけでも、不思議と気分が上がってきますよ。

6. 趣味をする

子供が生まれる前、みなさんはどんなことに時間を使っていましたか? 読書や映画鑑賞、手芸にスポーツ。昔のように多くの時間を割くことはできませんが、1日のうちの数十分、月に一回の夜などに趣味を再開して、息抜きをしてみましょう。

それでも気持ちが晴れない。そんなときは専門家に相談を

いろいろと試したけど、気持ちも体もなんだかイマイチ。そんなときは心療内科や精神科、カウンセリングなど専門家の力を借りたアプローチが必要になります。お医者さんにかかるなんて…と落ち込む人もいるかもしれませんが、何も特別なことではありません。ストレスや体調のこと、場合によっては育児そのものの悩みを気軽に相談してみましょう。

きく

きく (きく)ライター

美、食、住に貪欲な、20代から40代の女性向けメディアで活動中の執筆屋。ここ数年は海外を転々。占いによると、2026年まで終いの住処を探して世界をさ迷う運命。どこにたどり着くのか、とても楽しみにしています。

きくさんの記事一覧 →
きくさんの記事一覧 →