子育てママのお悩み解決メディア
慌ただしい朝でも、キレイなママでいるために。3つの時短メイク術
2016.05.23

時短ラボ 慌ただしい朝でも、キレイなママでいるために。3つの時短メイク術

みんなで時短を考えよう! 時短Labo from ハナコママクラブ

今月のテーマは「忙しい朝のメイク」。あわただしい朝でも、きちんとメイクでキレイなママでいたい。短時間でキレイになれる、メイクのコツとポイントについて、ヘアメイクアップアーティストの大西あけみさんにうかがいました。

jitantop

Q1・短時間で今っぽく、キチンとメイクをするコツは?

A まず、時間がかかりがちなベースメイクは、BBクリームのように、下地とファンデーションが一体になったものを選んで。スポンジではなく、手を使うのがポイント。両手中指に少量を取り、面積の広い頬から広げるように塗ると短時間できれいにつけられます。そして時短メイクで大切なのは、チークと眉。この2つを入れるときちんと感が出ます。チークはクリーム系を選び、指よりもスポンジで軽くポンポンと叩いて広げれば血色よくイキイキとした顔に。眉は、細いペンシルではなく、太いアイブロウシャドーや、アイブロウマスカラで整えると素早く簡単です。

Q2・週の後半のお疲れ顔をはつらつと見せるには?

A 疲れて見えるのは目の印象が大。メイク直しの際、目頭と下まぶただけにさっと控えめなラメや、パール感のあるピンクベージュのシャドーをプラスすると明るい印象に。ただし入れすぎると古臭いメイクになるので注意! リップに色を差してカムフラージュするのも◎。適度な艶感のものを選べば自然な仕上がりに。

Q3・素肌感を残しながらシミをカバーしたいです。

A シミにはピンポイントでコンシーラーを。指や細めのブラシでカバーしましょう。その境目をのばしすぎないよう注意して、パウダーチークを必ずオン。頬だけでなく、おでこや顎先にもブラシについた残りを軽くはたくようにつけると、シミ部分だけが目立ちません。パープルのフェイスパウダーも透明感アップにお役立ち。

ハナコママクラブに聞きました!メイクの時短 愛用品!

時短メイクをメガネでカバー

jitan1
jitan2

ベースメイクは、色つきUV下地+パール入りプレストパウダー。気になる部分だけコンシーラーを重ねます。ファンデがよれて…と焦ることもありません。眉、チーク、リップのポイントメイクで完成!カラーフレームのめがねは目元メイクの省略を隠せるので便利。私はパソコン用を愛用しています。
安田美子さん(技術職・6歳&3歳女子のママ)

まだまだあります!朝の時短メイクアイデア

・ファンデーションのスポンジは、大量に入ったお徳用を購入し、洗う手間を省いています。(事務職・5歳男子のママ)
・ベースメイクをしなくて済むよう、シミ取りしています。(営業職・0歳女子のママ)
・スプレータイプの化粧水は、メイク前にかけるとノリが良くなります。(デザイン職・0歳男子のママ)
・キッチンにメイクポーチを置き、家事をしながらメイクも並行で!(事務職・1歳女子のママ)
・眉を自分でカラーリングし、眉マスカラ不要に。(事務職・2歳男子のママ)
・乳液、下地、リキッドファンデを全部混ぜて塗っています!(IT関連・5歳男子のママ)

[教えてくれた人]大西あけみさん
雑誌やカタログなどで活躍するヘアメイクアップアーティスト。著書に『手作りアクセサリーとヘアアレンジの本』(双葉社)。1歳半の男子のママ。

いかがでしたか?
時短ラボはハナコママクラブのメンバーのみなさんと作るページです。ぜひハナコママクラブに登録してみなさんのご家庭の様子をぜひお聞かせください~!

イラスト◯ノグチユミコ 編集・文◯藤沢あかり
(Hanakoママ39号より)